2014年11月30日

佐久島サバゲに行ってきたぞ!!

11月23日(日曜日)に愛知県西尾市の佐久島で行われた佐久島上陸作戦(通称シマサバ)
へ参加してきたので、レポートいたしますね。



レポートの前に、佐久島サバゲって何ぞや!?って方々に簡単に説明いたします。
愛知県三河湾に浮かぶ西尾市の離島、佐久島で11月23日に行われたコスプレ&サバイバルゲームイベント「佐久島上陸作戦」が、
西尾市新文化創造制作委員会、同市観光協会、佐久島町内会後援で開催されました。
サバゲーは同市としては初開催。同委員会の漫画「ニシオノ」では、佐久島でサバゲーをする漫画が描かれており、今回はこれを再演するとともに、
コスプレ愛好者から佐久島での撮影を求める事声が強いことからサバゲーとコスプレイベントを同時開催にすることとなったそうです。

コスプレの方は西尾市一色町の「COSTAiL!」さんが運営協力に当り、サバゲーの方は、
西尾市新文化創造制作委員会インドアフィールド「ハッスル」がサバゲー担当として運営協力に当りました。

サバイバルゲームの方は、佐久島東港の南に浮かぶ大島全体を使って行われました。
離島で行われるのは全国的にも珍しく、行政や観光協会が後援するのはなんと全国初!!

風光明媚な三河湾国定公園の黒真珠と呼ばれる佐久島 その中の大島全域を使って行う、史上初のサバゲー「佐久島上陸作戦」
今回私はこの名誉あるイベント「佐久島上陸作戦」運営スタッフとしてハッスルさんのサポート役として参加してきました。

前日の11月22日土曜日に会場入りし、前日の設営からお手伝いさせていただきました。
それではレポートの始まり、始まり。



佐久島までは、西尾市一色おさかなセンターより船で20分。大体お店から1時間とちょっとでおさかなセンターに着きました。
超絶方向音痴のワタクシ、辿り着けるか心配ではありましたが、文明の利器、Iポンのナビ機能を使って難なく到着することが出来ました。

(佐久島行行船着き場を探すのに迷ったのはナイショ!!!)

結構ギリギリで船着き場に滑り込むと、観光客がイッパイ!!意外とビックリしました。
そこでハッスルスタッフの「ひとやん」さんと、ハッスルのおちびちゃん「ゆうらちゃん」と合流。
無事船に乗ることが出来、それでは出発進行!!

船自体は思っていたよりも大きな感じ。大体50人ぐらいは乗れるでしょうかね?
ほとんど人はいないと思っていたのですが・・・釣りや観光で人気なんでしょうか!?
観光客や釣り師が多くてびっくりです。



船の中でパチリ。小さい船だと侮ってましたが、結構スピードでますねコレ。船弱い人は酔い止めが必要かも!?



この船結構揺れますね。ハッスルのゆうらちゃんも手すりにしっかりつかまってます。



だいたい島まで20分の旅ですかね?途中で一か所止まるので、間違えて降りてしまわないように注意が必要ですな。



佐久島の中でもサバゲー会場となる大島にはこの橋を渡っていきます。
もう戦いは始まっています。鬼の荷物を担いで現地へレッツ等GO!!GO!!!



荷物を抱えてヒーヒー言っている道中、カワイイのが本田美優ちゃんに負けんばかりの笑顔で励ましてくれます。



海はビックリするぐらい綺麗です。下が透けて見えます。



やっとのことで大島にたどり着いたんですが・・・
ココであってるんですか!?ホントにヤッていいんですか!?
めっちゃ整地されてますよ!??よく許可が下りたなぁとビックリです。

会場の端には立派なステージが!!
今回のイベント、ホントにお金かかってますねぇ!?



現地では、先に現地入りしているハッスルスタッフ&西尾市新文化創造制作委員会の面々が全力でバリケード制作中。



今回はスタッフが少なくて大変です。ハッスルおとんさんとゆうらちゃんがマッスルドッキング!!
ハッスル一家も一丸となって設営に取り組みます。



戦闘の要となるバリケードは、一つ一つ愛情こもった手づくりです。



バリケードの数は全部で200近く。



塗れてないのはご愛嬌。



凝った塗装やバリケに細かい切り抜きがされていますね。



皆さんの頑張りの甲斐があって15時ごろにはサバゲー会場の方は大体完成。
あとはシューテイングレンジ及びおトイレ周りの設営で完成です。
杭を打ったりネットを張ったり・・・イベント会場すべてがスタッフの手作りです。



シューテイングレンジ及びおトイレ周りのネットが貼り終わったぐらいに、今回のビッグゲスト、
「ゲリラリラ&ウピウピ隊」の皆様方が到着。今回はウピウピ隊、豪華フルメンバーでの参戦だそうです。
明日はバースト3連射で盛り上げてくれる模様!!!プチコンサートのリハーサルを入念に行ってました。





前日は気温も高く、11月末とは思えない温かい一日でしたが・・・されど11月、日が落ちるのは早く、容赦なく太陽は沈んでいきます。
ワタクシも明日は楽しみでもあるけど、きちんとイベント運営出来るんかなぁと、興奮と緊張で不思議な心境。
日も落ちたので、民宿めがけてみんなで会場を後にしました。



続く。



 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。