2015年09月21日

次世代M4を締め上げるっ その②

昨日の続き。

無事アウターバレルアッシーが分解できたので、ココからはフロントサイトをバラして、各部締め上げていきましょう。



フロントサイトをバラすにはフロントサイトを止めているピンを外しますが、ピンはローレット加工がされているので抜く方向に注意。
そんなに強くハマってませんので、力任せに叩くんではなく、叩いてみて抜けなかったら反対側から叩いてみて下さい。



フロントサイトが外れましたよっと・・・この個体は初めからフロントサイトの隠しイモネジが緩んでいた為、
ピンを抜いただけでフロントサイトが外せましたが、通常、ピンを抜いただけではフロントサイトを外すことは出来ません。



パッと見、見落としがちですが、アウターバレルに隠しイモネジがあります。コレを緩めないとフロントサイトは取れません。



ココにアクセスする為には、アウターバレル下部の秘密の穴からアクセスしましょう。



組み立ての際にはイモネジにネジロックを塗っておくと緩みにくくなるのでオススメです。
フロントサイトはアウターバレル下部のイモネジを閉めこむことにより、内側からイモネジがサイト内部を押し込む事により、
アウターバレルに固定されます。フロントサイトがガタついてきたらココのネジを疑ってください。
なお、フロントサイトのガタツキのみなら、テイクダウンしてインナーバレルを引っ込抜けばココのイモネジにアクセスできます。
フロントサイトのピンを打ち、イモネジで中から締め上げたら、バレル基部の補強に入ります。



今回は予算を使って良いという事なので、ライラクスの「ハードバレルベース」をぶち込みます。
通常の次世代M4はアウターバレルを固定する場合、アウターバレルにバレルベースという部品をかませて、
バレルロックリングを締めこむことにより、アウターバレルとフレームが密着する仕組みになります。
本体はアルミ合金で出来ているので、アウターバレルに何らかの力が加わったり、分解、組み立てを繰り返していると、
バレルベースそのものが変形してしまい、バレルロックリングを閉めこんでもガタが収まらなくなります。
そうなると、マルイさんトコに純正バレルベースを注文して新品に取り換えないと、ガタツキがおさまらなくなります。
今回の商品はスチール製で頑丈!!変形の心配もなく大変お勧めです。



取り付けは至って簡単。純正のバレルベースと取り換えるだけです。
写真ではわかりわかりづらいですが、今回のバレルベースは変形してます。
平らな板等に押し付けて、バレルベースが変形していなければ交換しなくても問題ないです。
ガラス窓にバレルベースを押し付けて、カタカタしないかチェックすると解りやすいですよ。



バレルベースを締めこんで、フロント周辺のガタトリは完了!!
後は外した部品を取り付けるのですが、上部RASを取り付ける時は、バレルロックリングの
上に空いている2つの穴と、RAS本体に付いている爪のようなパーツの穴を組み合わせて組み込みましょう。



ばっちり組み上げて、カッチカチやどぉ!!
今回は次世代M4のフロント周りのガタトリメンテナンスを行いました。

次回予告 スイングスイベルを取り付けるッ!!



業務連絡。

明日(9月22日火曜祝日)は、インドアフィールドハッスルさんの「ビギナーズ定例会」へ講師として参加します。
店舗の方はお休みをいただきます。宜しくお願いします。



 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。