2012年11月04日

ミニミ 完成。

というわけで、先日の間違い探し。
正解は・・・



トリガーついてませんでしたって・・・オイ!!
久しぶりにやってしまいました・・・
来店したお客さんに聞いてみたのですが・・・
即答された方は少なかったです。
以外と気づかないものですねと正当化してみる・・・
ということで、も一回ばらして組みなおし。

そんで持って細かいとこの仕上げ。
こういうトコに一手間加えると、後でなかなくてすみますよ。



モーター端子なんですが、ポキッとイキますよね。
曲げたところの金属疲労で・・・
ココの曲げたトコロにハンダを少し盛っておくと・・・
まず折れることはありませんぜ!!

ほんでもって、分解と逆の津順で組み立ててと・・・



無事組みあがりました。
とりあえず、初速等チェックしたのですが・・・



パワー上がってます・・・なんで!?
バネはかえとらんし、シリンダー容量も、バレルもそのまま・・・
セクターカット2枚から、ハイサイ仕様の3枚カットになっているので、
初速は落ちるはずなんですが・・・
初期状態の組み込みが甘かったのでしょうか!?
とりあえず引き渡して、オーナーさんにナラシて様子みてもらいます。
場合によっちゃ、再調整しますんでいつでも持ってきてね。

今回の間違え探し。



今回のはレベル高いっすよ!?  

Posted by 雲長。 at 23:19Comments(3)M249

2012年11月03日

ミニミ メカボックス組み立て。

今回、ミニミに移植されるドナーとなるエムヨンちゃんです。



リサイクルショップで7980円。この状態で売られており、外装は各所に加工の跡が見受けられます。



そんかわしメカボはバリ物。そんだけのために買ってきました。

とりあえず、オーナーさんがハイサイ希望なので、今回はこの部品を組み込みます。
ハイサイクルシリーズの心臓部、ギア一式、ピストン周り一式です。



行き着けのガンショップで買ってきました。
アンタんとこも、ガンショップでしょって突込みが聞こえてきそうですが・・・



まずは分解、洗浄します。メタルを組み込むので、細かいトコもしっかりと・・・



スイッチを作り直します。とりあえずセミは必要ないので、カットオフごとキャンセルします。



各部品を組み込みます。



シム調整も場合によっちゃ、こんなもん使ったりします。
マイクロゲージ。オーバースペックですかね。

シムの値は

ベベル ㊤0.3 ㊦0.3
スパー ㊤0.5 ㊦0.3+0.1
セクター㊤0.3 ㊦0.5+0.1 

シム調整はチューナーさん、各自考え方等があるので割愛します。
希望が多ければ、雲長流でよければまた今度紹介しますね。



フレームにインサートと思いましたが・・・
メカボの出っ張りが干渉するので、干渉する部分を削ります。



折角なので、メカボの首が飛ばないようにオマジナイを施します。



各部チェックの上、くみ上げます。



メカボ完成!?



ですが、重大なミスが・・・
写真とって手て気づいたのですが、間抜けすぎです。
何か間違っているところがあるんですが判りますかね!?
頭の体操と言い訳してみる。

次回はついに完成かっ!?  

Posted by 雲長。 at 22:30Comments(9)M249

2012年11月02日

ミニミさんの健康診断。

それでは、先日のミニミのポンポンを開けましょうか。



まずはモーター。
ピニオンも少し痛んでます。使えないレベルじゃないですけど・・・



モーターを外し、グリップの底のネジを外します。
グリップはM4とほとんど同じ固定方法ですが、4本で止まってますね。



そんでもってバレルアッシーを外します。
実物のように、レバーで外せると思っていたのですが・・・
実はココの芋ネジで止まっているんですね。



バレルが外れました。
チャンバーの形状は、ステアーにそっくりですね。
一品物みたいなので破損したら大変そうです。



フレームの後ろをパカッと開けると、マイナスネジでメカボが固定してあります。
ココはM4のストックパイプを止めるトコを利用して止めてありますね。



メカボまでのアクセスはそんなに大変ではないですね。



メカボ自体は強化メカボかな!?
なんかシリアルのようなシールが貼ってあります。



オーナーさんがばらした時、初めからナメていて、
どうしても外せなかったというネジ。
電ドリとかでしめこんだのかなあ!?
それともバラせないように、わざと潰してあるのかなあ!?
外し方はイロイロあるので、今度教えてあげますよ。



結局、力ずくで外したため、メカボは割れてしまったそうです。
ガワは交換ですね。

そんでもってご開帳。



各部にカスタムパーツ!?が使われていますね。
ということで、各パーツごとにチェックしていこうかと。

まずはピストン。



メーカー不明の青色ピストン。
歯が削ってあるのか、それとも折れたのか!?
注目すべきは、ピストンの一つ目の歯。
乗り上げた後が見受けられます。
交換した方が無難ですね。

続いてシリンダーヘッド。
塗装のハゲからして、アルミ製でしょうか!?



スイッチ。
こちらもダメージ大きいですね。



セクターギア。
こちらはセクカしてあるようです。
ということは、ピストンは加工してある可能性が高いです。



裏返すと、しっかりギア飛びしてます。
今回はギアクラッシュによる故障かと。



各部チェックすると突っ込むところは沢山あります。
今回の診断では車でいえば、全損クラスです。
使えるパーツは、トリガー、シリンダー、スプリングガイドぐらいですね・・・
ドナーから総移植、メカボから作り変えです。
こりゃ骨が折れそうですが、頑張って直しますぞん!!!  

Posted by 雲長。 at 23:18Comments(0)M249

2012年11月01日

呪われたミニミ。

今回は修理依頼品のミニミをご紹介いたします。



依頼品はG&Pのミニミ。
高級中華の大変よく出来たミニミちゃんです。
オーナーさんいわく、カスタムショップで大枚はたいて購入したそうですが、
未だかってまともに使えたことがなく、何度修理に出しても、もって1~2ゲームなんだそうです。
お話聞いていたらあまりに不憫なので、今回当店に入院、各部チェックの上、耐久性の高いプチハイサイとして蘇らせます。

まずは各部チェック。



さすがGPのミニミ。
各部の作りこみは最高です。



スチールパーツが至る所に使われており、質感は最高ですね。



ええですなあ!?
スチール大好きの自分にはビンビン来ますね。
こんなん見ると、自分も欲しくなっちゃいますね。

今回、オーナーさんが持ち込まれた謎のミニ茶筒が・・・



中を確認すると・・・
メカボの中の小物が・・・



コチラのミニミに使われていた部品のようですが・・・
どうやらオーナーさんが自分でばらした模様。
あまりに壊れるので、オーナーさん分解したそうです。
まあ、中身はヴァージョン2のメカボだと思うんで、なんとかなるっしょ!?

まずはチェックをかねて、軽く分解。



!?



モーターの端子がついてません。
ということは配線から作り直さんとイカンですな。

これは思ったより大仕事になるんかも知れませんので・・・
きっちり道具を揃えてから作業しようかと思います。
とりあえず、ミニミちゃんのポンポン開くのは明日にします。  

Posted by 雲長。 at 22:30Comments(0)M249