2013年09月22日

SIG552 カスタム メカボックス編。

先日に引き続き、今回はメカボックスを触って逝きましょう。



SIGのメカボックスって黒く塗られているのですが何か意味があるのでしょうか?
海外製のAKのように、特に外から見えるような作りではないと思いますが・・・謎です。
分解に移る前に部品の配置をしっかり覚えておきましょう。



セレクターパーツ等はただ置いてあったり、はめ込んであるだけですから。
心配な方は写メ等で記録しておくことをお勧めします。



今回もグリスがしっかり塗りこまれてますね。勢いあまってはみ出しちゃってます。
マルイのおばちゃん、最近は多く塗る傾向にあるんですかね!?



まずはこの扇状のおっきなギアを取り外します。
ギアは乗っかってるだけなので、引っ張ればポロンと取れます。



続いて反対側のギアも。コレも乗っかっているだけなので引っ張って外します。



すると、プラスチックの黒くて丸い部品が顔を出します。
これも乗っかっているだけなので、無くさないように注意しましょう。



続いて、メカボックスの上に乗っかっている、
セレクター基部の土台のプラスチックのパーツを外します。



メカボの裏を裏返しにして、ちっちゃいギアの所のネジを外します。



ちっちゃいギアを外せば、プラスチックの土台が外れます。
土台を外すと、ココにも小さい部品が乗っかっているので注意しましょう。



ハイ、見慣れたVer3メカボになりました。SIGの肝はこのアンビセレクターメカにあるので、
ココの分解、組み立てをとちらなければ何の問題もないでしょう。
ほいじゃ引き続いて内部の分解をしていきましょう。



後はネジを外していけば良いだけですが、シグ専用の部品も使われています。



このパーツがメカボを挟み込むようにはまっています。
プラスチックのパーツを外し、各部ネジを外したら・・・



ハイ、ご開帳。今回はあまり使いこまれていないのか、内部は比較的綺麗ですね。



今回使用する部品、SHSの13:1ハイスピードギア。
お客さんの希望でスプリング交換に伴い、折角だからギアも交換してくれって事で・・・
折角交換するなら体感できた方が面白いって事で・・・プチハイサイにしちゃいます!!
コイツを組み込むことにより、平均4発のサイクルアップが望めます。



ハイサイクル化に伴い、軸受けの交換も行います。
樹脂でも結構かと思いますが、耐久性重視でと聞いてましたんで交換しときます。
軸受けは信頼と実績、マルイさんとこの純正HC用メタル軸受けで。



各部品を洗浄後、メタル軸受けをセットします。
各部品を洗浄、チェックしたのですが今回は問題ありませんでした。

ここで、参考までに、純正シムセッティングの値。

ベベル ㊤0.15 ㊦0.3

スパー ㊤0.48(0.5) ㊦0.48(0.5)

セクター㊤0(無し) ㊦0.3+0.3(0.6)



今回は初速UPの為に、スプリング交換します。使用するスプリングは「アングス0.9JバネL」。
このバネはヘタリが少なくお勧めのバネです。バネ交換に伴い、ピストンヘッドを外します。



フルストロークで20回すので、ピスクラ対策しときます。
ピストン引き始め、二歯目を削っておきます。



必要な所に必要な量だけグリスアップ。たくさん塗っても飛び散るだけですから。
当方、ピストン周りにはミニヨンFグリスを使用します。



ここで、参考までにカスタム後のシム調整の値をば。

ギアはSHS13:1ギアを基準に、ベベルのみマルイ純正を使います。
軸受けはマルイ純正HC用メタル軸受け。

ベベル(純正)㊤0.15 ㊦0.5

スパー(SHS)㊤0.18 ㊦0.3

セクター(SHS)㊤0.5+0.2 ㊦0.5

(シムの値は個体差、調整具合によって固体ごとに変化します。あくまで参考までに。)
各部、適量グリスアップ、忘れ物がないか確認したらメカボックスを閉じてメカは完成。



組み立ては分解の逆の工程を行えば良いので割愛します。
ココで注意ポイントとしては、セレクターパーツの印を合わせる事。
コレを怠るととんでもない所でセレクターが止まってしまい、大変格好悪くなります。



後ろ側も印があるので忘れずにネッ!!



おっともう一つ、ストックはグリップ取り付ける前に取り付けないと付かないですよ。
いつもグリップを付けて軽く作動確認するので、グリップ先につけちゃうと又バラすハメに・・・



無事、完成!!初速もサイクルも狙い通り。
使用したバッテリーはET-1の7.4V 2000バッテリー。
サイクルも初速もいい具合にUPしてますよね。

いやーさすがマルイさん。
キッチリ組むと予定していた通りの数値が出るので、カスタムしていて楽しいですね。
持ち主さん、この子と一緒に楽しいサバゲライフをエンジョイしちゃってください。



業務連絡。

今回紹介したSIG552の持ち主の花〇さん。当方電話番号を聞き間違っていたようで、
こちらから連絡することが出来ません。品物は完成しているのでお手隙の時にでもご来店下さい。
急なお休みいただく場合もありますゆえ、ご来店される際に、ご一報いただけると大変助かります。  

Posted by 雲長。 at 22:00Comments(4)SIG

2013年09月21日

SIG552 カスタム

そろそろカスタム記事書かないとマニアに怒られそうですね。
カスタムサボってるわけじゃないですよ。数が溜まっているだけです。
出来順次UPしていきますので今しばらくお待ち下さい。

今回持ち込まれたのはSIG552 SEALs
持ち主さんはとりあえずノーマルで使ってみたけど、最近の最新鋭の電動ガンと比べると今一だそうで・・・
カスタム内容はお任せという事なで・・・今回は初速&サイクルUPのライトチューンを施そうかと思います。



というわけで早速逝ってみましょうか!?まずはお馴染みの健康診断から。



サイクル、初速等、当たり障りのない数値ですね。いたって正常、マルイの箱だし基準ですね。
ほいじゃ早速、バラバラに分解していきましょうか?



まずはピンリムーバーを使って、バッテリーコネクターを外しておきます。
バッテリーホルダーの所にひっかっかって、作業がしにくいですからね。



ヒューズボックスはタイラップで取り付けてあります。ココは切って外しましょう。



2箇所付いてますので、パチンパチンと。勢い余って一緒に配線を切ってしまわない様注意ですぞ!!



アッパーフレーム?バレル基部?の所のネジを外します。裏表、計4本のネジを外します。



続いてロアフレーム上部のネジを外します。



マガジンハウジングのトコの板でチャンバーが固定されてます。
ネジを外したらマガジンハウジングの板をチャンバーから外しましょう。
さ、コレでテイクダウンできるかと思ったのですが・・・



こ、こんなトコにネジが!!ストックを折りたたむとストックの根元からネジがコンニチハ。
ココのネジでアッパーとロアが繋がってます。



ハイッ。アッパーフレームとロアフレームに分かれましたね。
今回はメカを弄るので、メカボックス側のロアフレームを攻めて行きましょう。



グリッププレートのネジを外します。ここいら辺はM4やMP5等でお馴染みですね。
モータースプリングの力でグリッププレートが浮いてくるので、ネジを舐めないように注意しましょう。
グリッププレートを押さえながら、ネジを回すと良いですね。ネジ舐めちゃうと、グリップ交換になっちゃいますので注意。



パカッと開けたら・・・こ、コイツはレアなミドル型のモーターが使われてますね。
ミドルモーターは社外品が少ないのでカスタムモーターに交換したい場合は、
ロングモーターの軸を切って使うしかないですね。今回モーターは交換しません。



グリップはM4と同じように2本のネジで止めるタイプ。
配線はこのように通ってます。忘れないように写メっておきましょう。



続いてストックを外します。ストックはフレーム後部のネジにて止まっています。



表裏、2本のネジで止まってます。



ネジを外した後、ストックを引っ張ればスコっと抜けます。



続いてセレクターを外します。横に小さなイモネジで止めてあるので、緩めて外しましょう。



同じく反対側も。



セレクターを外したら、基部が現れるのでコレも外しましょう。+ネジで止まってるだけです。



こちらもちいちゃいネジで止まっているだけですが・・・
こちら側の基部にだけ、中にちいちゃい部品が入っているので、
外す時に部品をポロっとやらないように注意が必要です。



中に小さいスプリングとクリックパーツが入っているので、無くさないよう注意しましょう。



セレクター基部が外れたら、メカボックスを取り出しましょう。
ロアレシーバーを少し広げるようにするとやりやすいですね。



ハイ、メカボが出ました。メカボを抜く時の注意ですが、セレクターの部品等は乗っかっているだけなので、
バラバラにならないよう優しく引っこ抜きましょう。配置等、忘れそうな方は写メっておくとよいですね。
メカボックス内部、及びチューニングは次回。


業務連絡。


今回紹介したSIG552の持ち主の花〇さん。当方電話番号を聞き間違っていたようで、
こちらから連絡することが出来ません。品物は完成しているのでお手隙の時にでもご来店下さい。
急なお休みいただく場合もありますゆえ、ご来店される際に、ご一報いただけると大変助かります。  

Posted by 雲長。 at 15:36Comments(0)SIG

2013年03月27日

お客さんによる調整。 SIG552

今回持ち込まれたブツはSIG552。
マルイのスタンダードモデル。つい最近再販されたようで、初速調整の為、お客さんが当店に持ち込まれました。
当店では組み込み指南も行っているわけで、私が横目で見ながら、組み込み自体はお客さんに作業してもらいます。



全体写真撮るの忘れちゃいました。
すでに解体がはじまってますね。



まずは、健康診断から。箱だしでこんな感じです。
純正箱だしなので、こんな感じです。悪くは無いですが・・・
お客さん曰く、もちょっと欲しいそうです。



極意書片手に早速、バラしていきます。
本日のお客さんも最近バラし方を覚えたようで・・・
でも、手つきは悪くないので、用は慣れれば自分でメンテできるようになると思いますよ。



ホントはEG30000入れたかったそうですが・・・モーター自体はミドルですね。
ロングを切れば入らないことも無いのですが、今回モーター交換は見送りです。



極意書片手に頑張ってもらって、無事メカボがプリっとでました。
SIGのメカボって、黒く塗ってあるんですね。
HCシリーズはメッキみたいなのかかってて黒くなってるんですが、コイツは塗装してあります。



なんかメカボの外側にゴテゴテ付いてるので、忘れんうちに写メとっておきましょうかね!?
メカボの中身はVer3なので、問題は無いと思います。



ご開帳。さすがに新品なので中身は綺麗ですね。



ピストンのネジをホジホジしたら、アングスのスプリングをぶち込んで、そのまま組み上げたら完成。
今回は、シム調整だけお手伝いしました。それ以外は問題なく組めてたと思いますよ



初速もいい数字出てますね。
さすがはマルイ純正。バチっと数値が出てくれますね。
コレでしばらく遊んで、壊れたら修理がてらチューニングしましょうかね。  

Posted by 雲長。 at 23:32Comments(0)SIG