2018年04月23日

モンキーが・・・

先日(去年の3月)生産中止となり、全国の横型エンジンマニアを落胆させたホンダモンキー君なのですが、な、なんと・・・



復活

するそうで・・・センジツノサワギハナンダッタノカ・・・

コンセプトは「アソビの達人」。原付「モンキー」のシンプルさやコンパクトさ、愛らしさなどを受け継ぎつつ、125ccの力強く扱いやすい出力特性のエンジンや、取り回しやすいサイズ感、親しみやすいデザインとした。

スタイリングは前後を短く、上下にボリューム感のある台形シルエット。スチール製の前後フェンダーやクローム仕上げのマフラーカバーなど、趣味性の高いモデルらしいアクセントも採用している。ボディーサイズは1710(全長)×755(全幅)×1030(全高)ミリ、シート高は775ミリ。

エンジンは124cc空冷4ストロークOHC単気筒。4速マニュアルトランスミッションを組み合わせた。ブレーキは前後ディスクを採用し、フロントにABSを装着したタイプを設定する。

カラーは「パールネビュラレッド」と「バナナイエロー」の2色を設定。燃料タンクはホワイトとのツートンになっている。

(yahooニュースより抜粋)


気になる価格は・・・

¥399,600

たっ、高い!!

とお思いましたが、先日のモンキー最終モデルが¥352,080という事を考えれば妥当な価格設定か!?

ナニカダマサレテイルヨウナキガ・・・

いやいや、前後武川のディスクキット組んで、ゲイルスピードのホイール穿かせたと思えば安い、安い!!

≪所感≫

モンキーで125ccですか!?モンキーは50ccでお手軽ってところが良いトコロなんですよね。←ケッキョクイジッテ50ccイジョウニナルンデスケドネ。

昔中華モンキーが流行った時125ccのエンジンがあったんですが、今回のエンジンは国産でそれを作った感じなんでしょうか?

見た感じ横型の単気筒なんで、昔の中華エンジンにすごく似ているのですが・・・エンジンもOHCって・・・せっかくならDOHCのヘッド積んでくださいよ!!

写真で見た感じだと一回り大きくなっている感じですが、実際のサイズ感はどうなんでしょう!?

一番気になるのは、このエンジンが旧型フレームにポンで乗るのか!?マアノッケルヒトハナンノエンジンデモスワップチャウンデスガ・・・

エンジンの本体もクランクのストローク&ボアアップで排気量をあげてあるだけで、ミッションその他の部品は昔のパーツが使えるとか!?

それとも完全新規設計で、内部部品の互換性は一切ないのか!?

気になる所です!!買えませんがね・・・



 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。