2017年02月26日

ダニエルディフェンス レイル (分解編)

今回の作業は、ダニエルディフェンスのレイルの取付・・・っていうか、ダニエルさんトコのレイル、もうついてるじゃんって突っ込みが聞こえてきそうですが・・・

同じダニエルさんでも、MK18でおなじみのRISⅡ君の取り付けとなります。

MK18に一目惚れされたという事で、いま付いているレイルを外してRISⅡレイルに組み替えます。



という訳で早速バラしていきましょうか。

まずはフロントサイトをバラします。



フロントサイトを固定しているトコのピン2本を打ち抜きます。

ピンを外してもフロントサイトを外すことが出来なかったので、細かくチェックしてみると・・・



こんな所に小さいイモネジが入っているんじゃないですか。

という訳で、このイモネジを外してみたのですが、未だ外れる様子はありません。

こっ、これは・・・まだトラップが仕掛けられてますね。

このトラップに気づかずに、サイトを一生懸命叩いて外そうとすると、アウターバレルをやっちゃいます。

ココは次世代特有の固定方法で、フロントサイトを固定してるんですよ!!



というわけで、テイクダウンします。



ムムッ!!

メカボックスの様子を見ると、内部に至るまで抜かりなくカスタムされている様ですね。

覗いてみたいトコロですが、今回は腰下の分解は無し!!

レイルの組み込みのみ行っていきます。



フロントサイトの穴の下、アウターバレル上部の内側に、フロントサイト固定用のイモネジが隠されてます。

フロントサイトのイモネジはダミーのめくら蓋で、裏側のイモネジにアクセスする為にはインナーバレルを外す必要があります。

隠しイモネジにアクセスする為、テイクダウンする必要があった訳ですね。



アウターバレルの中から、隠しイモネジを取り出します。



フロントサイトを外すことが出来ました。

多分ポンとは付かなかったんでしょうね!?摺合せでの苦労の跡がうかがえます。



レイル横のネジを外します。

ココを外せばポロッっとレイルが外せるかと思いましたが、そうは問屋が卸さない!!

レイルは首元のイモネジで固定されてます。



レイルを外すためにイモネジにアクセスするんですが、ココのイモネジを回すのが大変。



少しずつしか回すことが出来ないので根気が必要ですね。



ハイッ!!無事にレイルを外すことが出来ました。

おおよその分解は終了。次回はダニエルディフェンスRISⅡをインストールしていきます。




 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。