2017年01月29日

HK416 オーバーホール

今回持ち込まれたのは、マルイさんトコのHK416デブグル君!!



初速が低くなってきたので、オーバーホールお願いしますとの事。ほいじゃイロイロと見ていきましょうかね!?



ほう、ナルホド・・・

確かに次世代でこの数値じゃちょっと寂しいですよね!?

各部バラして見ていきましょう。



ロックピン抜いたらサクッとテイクダウン。後方配線モデルは楽チンでイイですね!!

アッパーフレーム後方とメカボックスの間にガタ取り用のスペーサーが入っているので、無くさないよう注意しましょう。



シリンダーの加速ホールからグリスがはみ出ちゃってます。

グリスイッパイ仕様だと、ピストンが前進するときグリスが抵抗になって初速が落ちちゃうんですよね。



ストックの配線端子は外さなくても作業できますが、オーバーホールの時はメカボックスの古いグリス等を洗浄するので外してしまった方が楽。

横着すると配線痛めて、よけいに仕事が増えちいますから・・・



ハイッ!!メカボ出ました。

バラし方は割愛。手順はワタクシの過去記事を参考にしてください。



レスポンスの向上&セミオート不良の予防として、セレクター?スイッチ?セフティをキャンセルします。



スイッチをばらして、金具をはんだで繋げてしまえばOK!!このカスタムはレスポンス向上にも一役買います。



各部品を洗浄してチェックしてみたら・・・

セクターギアが編摩耗してる!!

この削れ方は珍しい。普通リリースの歯はすり減ったように均等に削れるのですが、今回は傾斜がついたように削れてしまってます。

原因究明の為、相手方のピストンを確認してみたトコロ・・・



ぬぬぬ・・・

一見問題なさそうに見えますが、注意深く観察すると、リリースの歯に問題アリ!!

本来ならば他のピストンの歯と同形状ですが、今回のピストンはリリースの歯がえぐれた様な形になってます。

ココは普段固い金属が使われているので摩耗したとは考えにくいし、見た感じ割れたりした痕もないし・・・真相は謎!!

でもこのピストンは問題アリなんで、このまま使ってもじきに壊れてしまうでしょう。

マルイさんトコの純正ピストンは欠品中!!はてさてどうやって直しましょうか!?

続く。




この記事へのコメント
初書き込みでーす。
現行のロットはピストンはリリースの歯がえぐれた様な形に変わっています。
欠けて破片が消えてしまったわけではないので問題ありませんネ。
Posted by サーモンサーモン at 2017年01月31日 06:36
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。