2017年01月08日

CA870 カスタム ノンばいーん組み込み



それじゃCA870君に、アングスさんとこの「ノンはいーんスプリング」を組み込んでいきましょうか!?



まずはストック&グリップを外します。コチラはグリップ根元のネジを外せばストック共々外すことが出来ます。



続いて、アウターバレルを外します。マガジンチューブの先っちょについているチューブキャップを緩めれば、アウターバレルを外すことが出来ます。コチラもいたってシンプル。



トリガーガード&レシーバーを外す為、レシーバー後部の左右のネジを外します。



続いて、レシーバー中央のレシーバーピンを引っこ抜きます。向きはないので、どちらから引っこ抜いてもOK!!



トリガーガードはそのまま引っこ抜けば外せます。



レシーバーを引き抜きます。後ろに引き抜けば外すことが出来ますが、ココで一つ注意ポイントが・・・



乱雑に扱うとココのスプリングを飛ばしてしまいます。ココのスプリングを飛ばしてしまい、泣きを見た御仁も多いはず!!



というわけで紛失防止の為に、セロテープ等で固定してしまいましょう!!



続いてココのスプリングピンを外します。



どちらからも打ち抜けますが、中空のピンなので変形させてしまわないよう注意して打ち抜いてください。



続いて、マガジンチューブを外します。マガジンチューブはねじれば外せます。



メカボックスについている4か所のネジを外します。六角ではなく星形の特殊ネジが使われているので、あらかじめ工具をホームセンター等で揃えておきましょう。



アクションバー&フォアグリップが干渉してメカボックスを開くことが出来ないので、アクションバー&フォアグリップを外します。メカボックスをちょっと開き、ピストンとシリンダーの間に入っているアクションバーの引っかかりを浮かせた状態で・・・



アクションバーを前の方に引っこ抜けば、アクションバー&フォアグリップを外すことが出来ます。ココはちょっとコツが要るかも!?



メカボックスはそっと開きましょう!!電動ガンみたいにパーツが飛んでくって事は少ないですが、バラバラになっちゃったら厄介ですからね。



部品を飛ばしてしまった方への備忘録として、トリガー回りの画像を残しておきます。



HOP周りの部品構成。



スプリングガイドから純正スプリングを外して、「ノンばいーんスプリング」を組み込みます。「ノンばいーんスプリング」は、純正スプリングよりちょっと短め&不当ピッチになってますね。



ピストンとシリンダーの間にアクションバーが入るように組み込みます。



写真のように組み込めばOKです。あとはメカボックスを閉じるのですが・・・



アクションバーを少し開いて、メカボックスの側をスライドさせてはめ込む。ちょっとコツが要ります。



あとはメカボックスの側を閉じて、ピンやらネジやらをバラした手順の逆をたどって組み上げれば完成!!



綺麗に組めればこんな感じに仕上がります。



HOPオンでこんな感じ。

CA君はプチ流速みたいな感じになっているので、HOPをかけると若干初速が上がります。組み上げ後はHOPオフ、適正HOP、強HOPと、キッチリレギュ以内に収まっているか確認しましょう。

というわけで、今回もよく出来ました!!

イマイチ自身が無いよって方は店主まで。

組み込み代行致しますぞ!!



≪年末年始の営業案内≫

1月9日(月曜日)
祝日営業 11:00~20:00

1月10日(火曜日)
通常営業 16:00~21:00

宜しくお願いします。




この記事へのコメント
組み込みお願いしたいのですが
費用と日数はどのくらいかかりますでしょうか?
Posted by ss at 2017年01月10日 01:22
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。