2016年01月09日

電動ハイキャパ 分解 修理 トラブル解決編



先日はメカボックス取り出すトコまでいきました。

今回はトラブルの原因を探っていきましょう。



メカボックスを外す時に、シリンダーヘッドから気密取り用のOリング押さえが出てきます。

こちらも思わぬうちに脱落、紛失してしまう部品なんで注意しましょう。



それでは今回のトラブルの原因となっている、スイッチにアクセスしていきましょう。

スイッチは+ネジ2本と六角ネジ1本の合計三本を外せばバラすことが出来ます。



スイッチの中の「スイッチバー」なる部品。

こびりついた「おこげ」をとっておきます。



接点は欠損してると交換しないといけないのですが、今回は大丈夫そう。

スイッチの接点もクリーニングしておきます。



接点にはタミヤさんトコの「接点グリス」を散布しておきます。

というわけで、スイッチクリーニング終了。

無事組み上げて完成と行きたいトコでしたが今度は・・・

「動かん!!」

メカボ単体での通電チェックでは問題ないのですが、本体に組み込むと作動不良が・・・

という事で各部をバラして細かくチェックした所・・・



「トリガーの所に異物発見!!」

異物が挟まった状態でも、トリガーは問題なく引くことが出来ました。

異物を取り除くと比べると、わずかに引きしろが少ないように感じましたが・・・

この小さな異物がトリガーの動きにわずかに干渉していた為、上手くスイッチが押せてなかったんでしょうね。



それにしても何なんでしょう、コレ!?どうやってココに入ったのかな!?

ひとまず異物を取り除き、メカボックス組み上げて作動確認した所・・・

「パン」

わーい直った。

それにしてもこの小さなゴミ一つでトリガーの作動が制限されて作動不良になっちゃうなんて、電ハンとはまさに精密機械ですな。

というわけで修理完了、納品といきたかったんですが、実射してみた所、もう一つ問題発覚!!

「今度は給弾不良」

弾を交換したり、イロイロとバラして動きを見た結果、もう一つ罠が仕組まれていました。

「マガジンのBB弾をリリースする為の爪が片方欠損している!!」



こっち側はBB弾をリリースする為の爪があるのに対し、



反対側は爪が折れちゃってありません。
微妙すぎて写真では解りづらいと思いますが・・・

先ほど見つけたチッチャイプラスチックの部品は、欠損したチャンバーの爪だったわけで、ココはマガジン刺すたびに力の掛かる部品でもあるので、接着剤を使い一時的に貼り付けてもいずれ取れてしまうでしょう。

お客さんに事情を説明した所・・・

「ハイキャパ君」激しく落としたことがあるそうです。

多分その時にチャンバーのトコの爪を折ってしまい、その破片がトリガーの動きを制限していたといった、2重3重の罠が重なって起こったまれなケースだと思います。

というわけで、マルイさんのパーツを取り寄せて直すしかないので、当店にしばらく預かりという形になりました。

調子が悪いってことは、どこかに何か異常があるってコト!!

今回のトラブルも大変勉強になりました。




 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。