2015年12月24日

M4 MWS レイル交換

本日は今一番HOTな商品、マルイさんトコのガスブロ、「M4MWS」のレイル交換を紹介しましょう!!



マルイさんトコの新製品、誰よりも早くカスタムしてドヤ顔するのもマニアの楽しみの一つなんですがここで問題が一つ・・・
M4MWSはバレル基部が独自規格で作られている為、既存のパーツをポン付けすることが出来ません。
コレを解消する為には、バレル基部を既存のサイズに太らせるしかないっ!!
というわけでワタクシのお客さんの旋盤職人「ハナ君」がどこよりも早く、M4MWSバレルベースを作成したのですが・・・
最近では大手さん各社からも、レイル取り付け用のリングが発売されている様ですね。

今回はワタクシんトコのお客さんでもある、ハナ君が旋盤で削り出した、通称「ハナ輪」を使ってのレイル取り付け。
大手さんトコもハナ君の作ったリングも形状に大差はないと思うので取り付けも差異はないと思います。
というわけでレイルを自分で取り付け、調整したいといった方向けにマニュアルがてら記事にしておきますね。



今回は新品からの組み込みです。マルイさんトコのMWS、相変わらずエロい色してますね!?



まずはフロントサイトを固定しているピンをブっこ抜きます。
ピンにはローレット加工がしてあり、引っこ抜く際には向きがあるので注意して下さい。



ハイ、無事ピン抜けました。これで無事外せると思いきや・・・
フロントサイトにはもう一つ罠が仕掛けられているので注意が必要です!!



この位置に隠しイモネジが入ってます。この辺の固定方法は次世代と同じですね。



続いてレイルを外していきます。レイル上部の六角ネジを外せばレイルを外すことが出来ます。



ハイッ!!フロント周りがバラバラになりましたね。
続いてデルタリングをバラしていきましょう。



バレル基部の所の+ネジを外せば、デルタリング&スプリングを外す事が出来ます。



続いてバレルナットを取り外すんですが、ココは次世代のバレルレンチを使います。
持ってない方は、バラす前に借りるか買うかして用意しておいてくださいネ。



バレルナット外れました。今回はバレル外す必要はないんですが参考までに・・・
アウターバレルとアッパーフレームはハマっているだけですが固くて引っこ抜けない場合があります。
プラスチックハンマー等でフレーム横をコンコンって軽く叩いてやれば外せるようになると思います。

今回使用するハナ君旋盤削り出しの一品!!

「M4MWS用バレルベース!!」




今回取り付けるレイルキットは・・・

「マッドブル ダニエルディフェンス MK18 RISⅡ 9.5インチ」

みなさんおなじみMK18を再現するには必須となる大人気のレイルですね。

フレームにレイルの基部をはめ込みます。



アウターバレルにハナ輪を被せて・・・



あとはダニエルさんに付いてきたバレルナットをリングレンチで締めこむだけ。



アッパーフレームのネジのピッチは問題なかったのが唯一の救いですね。



ハイッ!!バレルもバッチリガッチリ付きましたね。
レイルの細かい調整編は次回!!




この記事へのコメント
横からコメント失礼します。
東京マルイ純正のM4A1mwsのハンドガードをmk18risⅡタイプのハンドガードに変える時、必ずサイトの画像のバレルベースは必要なのでしょうか?
それともバレルベースははめなくても付けれるのでしょうか?
お願いします
Posted by かわぐち君 at 2017年05月23日 19:02
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。