2015年12月18日

MINIMI 奮闘記!! メカボ改修編

というわけで、イマイチうまくいかなかったミニミさんのカスタム。問題点を洗い出してカスタムしていきましょうか。



当初ワタクシ、チャンバーがクサいと思いました。ココから気密漏れしてるんじゃないかと。
最悪、G&Pおなじみのカスタム、ライラのストライクチャンバー仕込んでしまえばいいんですが・・・

以前行ったカスタムはG&Pのノーマルチャンバーで行けたはず。
ここは何か罠があるんじゃないかG&Pのノズル単体でチャンバーに突っ込んでみた所・・・

「グニ!?」

何かがおかしい。ノズルがチャンバーの奥まで入ったり入らんだり・・・
マルイパッキンとG&Pノズルとの相性が悪く、パッキンのくわえ込みが浅い為、気密漏れしていたと思われます。
サイズ的におんなじのマルイさんトコの純正M4ノズルだと問題なくパッキンに収まりました。
ほいじゃマルイさんのM4ノズルを使えばエエんじゃないかって事でノズルだけ交換してみたのですが今度は・・・

「タペットとノズルとの相性が悪いッ!!」

マルイさんのノズルだとG&Pのタペットと干渉してしまい、タペットの動きが非常に動きが悪くなってしまう結果に・・・
というわけでマルイさんのタペット&ノズルセットと交換すると今度は・・・

「G&Pのセクターギアと干渉する!!」

G&Pのセクターギアはご丁寧にセクターチップのような形状になっています。
対する現行のM4のタペットプレートは給弾を良くするために改修が入ってます。
G&Pのセクターが現行のM4のタペットとの形と相性が悪く、タペットを引っ張り過ぎてしまいます。
というわけでココはSHSのギアセット組み込んで、耐久性もUPさせときます。

パーツの選定が終わったところで、まだ少し予算に余裕があるので、当店でも絶大な信頼を置いている秘密のスペシャルパーツ、パカヤマ先生トコの

「Φノズル」

を使います。←センセニムリイッテモッテキテモラッタΦノズル!!センセアリガトネ!!



電動ガンの場合、弾詰まりを起こすとBB弾がノズル出口を塞いだ状態になります。
そのためシリンダー内に残った高圧のエアがピストンの前進にブレーキをかけてしまいます。
そこにセクターギアが回転してくるわけですからピストンのラックギアが削られ、もしくは割れてしまい、最悪の場合にはギアも破損してしまいます。
サイクルが速い銃では特に被害が大きくなる傾向があります。

しかしΦノズルではBB弾がノズルに入り込まないため、万一の弾詰まりの時もノズル先端からマガジン方向へエアが逃げます。
他社のノズルと違いピストンの前進にブレーキをかけにくい構造になっています。

パカヤマ先生HPから本文抜粋。全文読みたい方は→ココ

今回のミニミのコンセプトは

壊れにくいミニミを作るという事。
お財布に優しいBB弾(チュウカダマ)も使えるようにする。

ということでこのノズルを採用させて得頂きました。

「安心して下さい!!タマが入ったまんまでピストンしても大丈夫ですから!!」←ヒワイスギ!!

もちろん本来の命中精度UPにも大幅に貢献しますからねッ!!

今回は気密漏れ対策として・・・

マルイノズル交換→G&Pタペット干渉。
マルイタペット交換&パカヤマノズル交換→マルイタペットがG&Pのセクターギアに干渉。
セクターギア&スパーギアをSHSに交換。と色々とパーツを交換する事となりました。

備忘録としてデータを残しておきます。

今回使用したパーツ 



SHSギアセット
マルイベベルギア
マルイタペット
パカヤマΦノズル
マルイピストン
マルイホップパッキン
ライラクスシムセット
アングススプリングL&M


なんだかんだで結構交換してますね。コレで気密対策は万全。初速も90出ました。
最終的にはさらに煮詰めてMスプリングを組み込み、初速は95にセットアップ!!

次回はギア鳴りを修正していきましょう。




 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。