2015年05月17日

東京マルイ ガスM4&エアリボルバー編

はいっ、それでは皆さんお待ちかねのガスブロM4のレポート逝ってみましょうか!?
マルイさん曰く・・・



熟成にかけた時間は伊達じゃない!
お待たせしました!さらに改良を加えての登場です。
との事なので、細かいトコまで突っ込んで見ていきましょうか!?



M4A1 NWS/実物
型名 M4A1 NWS
全長  777mm 854mm
重量  3740g(未装填時)
銃身長 368.3mm
装弾数 30+1発(20、40発)
作動方式 リュングマンガス方式

対するマルイさんのM4MWS



M4A1 NWS/ガスブローバック スペック
型名 M4A1 NWS
全長  777mm 854mm(仮)
重量  未定
銃身長 未定
装弾数 未定
弾丸  6mmBB弾
動力源 HFC 134a ガス

※定評のある<ガスブローバックメカ>をM4A1用に新規制作!
※ブローバックエンジン<直径19mmシリンダー>は過去最大級を搭載!
※実銃フルオートとほぼ変わらない発射サイクル=秒間約14発を再現!
※ガスブローバックM4A1に必要な全てのウイークポイントを見直し、<究極のM4A1ガスブローバック>を目指しました!
※フルオート時の作動安定性をさらに追及し各パーツを改良!

マルイさん・・・もうすぐ発売予定ならスペック公開してもいいんじゃないですか!?
もしや直前になって、まだ手を加えるつもりなんでしょうか!?



※フレーム&ボルトに実銃で採用している、ミルスペック塗料<セラコート>採用!塗膜が強い!
※テイクダウンも実銃通り。
※可変ホップアップ標準装備。



※アルミダイカスト製アッパー&ロアフレーム!
※グリップも新規制作!リアルサイズで再現!
※R.A.S(レイル・アダプター・システム)はヒートシールドをリアルに再現。



※SOCOMステップバレル(ブルバレル)をワンピースでアルミ切削。
※軽量アルミダイカスト製マガジン採用!重量は約470gを予定。装弾数は30~40発を予定。
※バッファーチューブもアルミ引き抜き切削加工!ハイダーもアルミ切削加工。
※アッパー&ロアフレーム、グリップも実物サイズで再現!



※より作動を確実にし、耐久性を高めた<改良型ボルトアッセンブル>を採用

今回、ボルトに改良が入っているようですね。パッと見それ以外で、これといった変更点は見られません。
ボルトに改良が入っているそうですが、ボルトだけならすぐにでも発売できたはず!!
多分、フレーム強度確保の為やら何やらで、細かいところの肉厚、寸法が変更されているのだと思います。
今回は試射が出来たので、お言葉に甘えて。



ドンと重いリコイルが来るのではなく、ビシッと早くて鋭いリコイルが肩を襲います。
セミはもちろんの事、フルでも打たせていただきましたが、いや、よく動きますね。発売が待ち遠しいです。

<総評>

前回の発表から満を持しての発売になりますね。
首を長くし過ぎて取れちゃった方も多いのでは!?

物としての完成度は非常に高くなっております。
ただ価格も高くなっております。 予価¥69,800とな!?
セラコートすることによりが価格が吊り上っている原因じゃないでしょうか?
通常版、DX版とラインナップしてくれるとありがたかったです。
M4は間違いなく売れるので、需要と供給のバランスがとれるかどうかというところも心配です。

後、新製品のAA-12の発売時期と被ってしまっているのも・・・(マアコレハオカネノスクナイワタクシノヒガミデモアルノデスガ・・・)
両方オプションパーツまで全部揃えて買ったら(M4は本体以外にマガジン×3本 AA-12はドラムマガジンetc・・・)
合計15マソ近く逝ってしまうのでは!?ムリムリ!!ワタクシ両方は絶対無理!!!
どちらか選べと言われたら・・・AA-12を選んじゃいますね。

エアリボルバ逝ってみましょう。



ラインナップとしては、パイソンブラック、シルバー共々4・6インチ計4機種。
M29(ブラック)&M629(シルバー。基本的に色違い)計4機種。
合計8機種、各種カラーに関係なくお一つ¥4,980です。



カッコえくかざってあったのはパイソンブラック4インチ。
観賞用としても十分の出来です。



カートは(予価)980円。合わせてスピードローダーも出して欲しいトコです。

今回実際撃たせてもらったのですが、シングルアクションのみでダブルアクションは出来ない模様。
ハンマーのコックは成人男性ならば、まったく気にならないと思います。
しいて言うなら、昔のコクサイのガスリボルバぐらいかな!?
他社様のエアリボルバみたいにコッキングに力がいるという事もないでしょう。
女性や子供でも十分コッキングできると思いますよ。
手に持ってカラ撃ちさせてもらっただけなので、実際タマを発射するとどうか大変気になりますが・・・

<総評>

この商品も発表からリリースまで非常に長かった商品です。
何か不具合でも見つかって、ソコを煮詰めていたんでしょうか!?

なんしょ価格帯が¥4980と非常にリーズナブルなので、一つ買ってオブジェとして手元に置いといても良いかと思います。
スイングアウトさせて、薬莢を入れたり、出したり・・・ハアハアするのにはとっておきだと思われます。

ワタクシですか!?もちろん買いますよ。パイソンブラック4インチあたりを!!
イッパイ仕入れて、イッパイ売って、ほんでもって、ハッスルさんトコでエアリボルバー戦なるものを開催してやるっ!!

というわけで、他にはM9やらハイキャパゴールドマッチやらライトやら何やらありましたが、
ワタクシの独断と偏見ですべて割愛!!

これにてワタクシの独断と偏見によるホビーショーレポートは閉めさせていただきます。
さてと、金策せにゃかんで、週明けには銀行さんとこへ行ってきますかね!?




この記事へのコメント
ガスブロM4の予価69,800円というのは直接マルイさんからお聞きになった情報なのでしょうか?
次世代を下回る所で抑えたいと聞いていたので少しびっくりです(>_<)
Posted by トリン at 2015年05月20日 01:43
<トリンさん

マルイさんは教えてくれません。
問屋さんから送られてくるFAXに予価として載っていました。
あくまで予価ですから、参考までに・・・
ワタクシもヨンキュッパ辺りで来るかと思ってましたが・・・
高いといっても、デブグルや417よりは安いわけですし(次世代)
今回は指をくわえて見る事になりそうです。
Posted by 雲長。雲長。 at 2015年05月26日 17:29
クラウンモデルとマルイのエアーリボルバー、性能や再現度はどちらが勝るでしょうか?
クラウンのエアーリボルバーをご存知でしたらぜひ教えてください。
Posted by RN at 2016年03月15日 16:01
<RNさん

クラウンの製品とマルイの製品ですが・・・
パワーにおいてはクラウンが勝るでしょうね。
(マルイさんトコのは10禁ですから)

外見の再現度においては・・・
どっこいどっこいじゃないでしょうか!?

ただ、おもちゃとしてはマルイは大変面白いものだと思います。
コッキングもクラウンのように固くないですしね。

個人的にはマルイを選びます。
Posted by 雲長。雲長。 at 2016年04月01日 22:00
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。