2015年02月17日

コスサバゲーム案内。

愛知県のミリブロの皆様方、イベント拡散ありがとうございます。
おかげでだいぶ盛り上がってきました。引き続きイベント拡散宜しくお願い致します。



今回はコスサバにおけるゲーム内容を案内しますね。

≪ゲーム内容及び当日のタイムスケジュール≫

08:30 開会式 参加者は開会式が始まるまでに受付、弾速チェック等を受けて下さい。
09:30 作戦会議&撮影会
10:00 午前の部ゲームスタート
12:00 ゲーム終了
12:00~13:00 お昼休み&場所移動
13:00 作戦会議&撮影会
13:30 午後の部ゲームスタート
15:30 ゲーム終了
16:00 閉会式
17:00 解散


ゲームフィールドマップ


(常連さんが作成してくれました。アリガトウ!!)

今回行われるゲームの基本は耐久戦をベースとした、一風変わった陣取り合戦を行おうと企画しております。
ゲームは2時間30分の耐久ゲームを2本予定しております。
内30分は作戦会議及び、陣地設営、写真撮影等フリータイムの時間にあてます。

まずは米軍特殊部隊側、反政府ゲリラ側に分かれて、拠点となるポイントを各陣営三つ設置、フィールド内に合計6つの陣地を設営します。
(拠点は各陣営共々、ある程度好きに設営することが出来ます。フィールドマップA3~E3にかけては設置不可。)



各陣営、初めの30分は拠点を設置(決められた範囲)して、司令官や各ユニットリーダーは作戦を立ててもらいます。
(この間に他の参加者は、地形を探索したり写真撮影をして下さい)

その後、スマートホン等の時報により各陣営戦闘開始。

各拠点には数取系(カウンター)が置いてあります。
HITされた場合、カウンターを一回カウントして復活します。
(復活カウンターの数は、当日の参加者の人数により変動します。)
カウンターが規定以上回ってしまったら、拠点消滅、ポイントゲットとなります。

拠点が消滅した場合、そこでの復活は出来なくなり、その後は残りの拠点で復活してもらいます。

なお、相手陣営までたどり着いた場合は、相手陣営のカウンターを回すことが出来ます。
拠点を放棄してしまうと、相手にカウンターを回され拠点を落とされてしまいます。

ゲームは2時間ですが、決着がついた場合はその時点で終了とさせていただきます。

≪弾の補給について≫

フィールド内とは別に補給ポイントを設けます。(フィールドマップ参照)
弾切れの際には一端、補給ポイントに戻り、弾を補給する必要があります。

※ここで、今一度レギュレーションのおさらい。

ゲームには一般兵(アサルトライフル)装弾数600+α
ガンナー(軽機関銃)装弾数無制限



ガンナーにはガンナープレートなるものを発行します
ガンナープレイヤーさんは、ガンナープレートを司令官から受け取ってからガンナーとして戦場に入ってもらいます。
ガンナーは各陣営、決められた人数しか配置することはできません。

※例 米軍側 マシンガン所持者9人 プレート5個=5人のプレイヤーが出撃できます。
その他の4プレイヤーは交代待ち。

※例 ゲリラ側 マシンガン所持者5人 プレート5個
全員出撃!!頑張る!!

なお戦線離脱(疲れたから休憩等)仲間と交代する時は一度、ガンナープレートを司令官に返却してから戦線離脱してください。司令官が新し
いガンナーを指名します。

※弾を補給する際には必ず生きている状態で行ってください。

※現在の登録状況をみると、現状アメリカ軍のガンナーはゲリラ軍と比較するとかなり多いので、ゲリラ軍はAKにドラムマガジンを搭載してガンナー認定して人数を調整するかもしれません。なにとぞご了承ください。
ゲリラ側で参戦予定の方で、AKドラムマグを持っている方は持ってきて下さい。

ゲーム終了後、拠点がいくつ残っているかによって勝敗が決まります。

このゲームは各陣営仲間同士、連携を取り合って戦わないと拠点を落とされてしまいます。
拠点Aが危ないときは、拠点B、拠点Cから人員を派遣する。
もう少しで落とせそうな敵拠点に総攻撃をかける等…
無線が肝になります。無線がなくても遊べるように配慮しますが、特小無線(トランシーバー)をお持ちの方は、持参してください。

(例)米軍拠点3 ゲリラ拠点2 アメリカ軍勝利!!
米軍拠点2 ゲリラ拠点2 引き分け!!
米軍拠点0 ゲリラ拠点1 ゲリラ軍勝利(拠点が0になった時点でゲーム終了)      

勝敗の結果により、各陣営に配給される景品の取り分が変動します。
皆さん頑張って戦って下さいネ。




この記事へのコメント
電動ハンドガン用リポバッテリー充電用の、
BECコネクター(メス)/ミニバッテリコネクター(メス)
の変換コードは取り扱っていますか?
Posted by TS at 2015年02月19日 11:42
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。