2013年03月05日

DYTAC T-1マウント

最近愛用しているスカー君。
昼戦はオープンサイトで十分なんですが、夜戦に使うとなると光学機器が欲しくなりますよね。
私の愛用のコンバット45丸型(激安)は、メーカー在庫切れですし・・・
ふと店内を見渡すと、カワイイのにカワイイのが付いてるじゃないですか!!



コイツをそのまま流用すればいいやって外して乗っけてみたんですが・・・
低くて狙いにくいったりゃありゃしませんよ!!ソコでこんなの仕入れてみました。
DYTAC T-1マウント。



とりあえず大開封。



他に刻印違いでナイツやら何やらありましたがコイツにしました。
刻印からしてソーコムタイプだそうです。ナゼコレかというと・・・
特にこれといったことはありません。なんとなくカッコよかったんで・・・
フィーリングですな。

まずは本体をばらします。



T-1レプの方も土台をバラします。



ほんでもって二つを合体!!



ハイッ。出来上がり。



早速スカー君に乗っけてみました。



いい塩梅です。覗いてみてもたいへん覗きやすくなりました。

「コレで勝つる!!!」

今回のマウントを購入するにあたって、注意しなければいけないことがあります。
一般的に出回っているT-1レプは2種類あり、胴長のモデルとリアルサイズがあります。
胴長のモデルはハイマウントとセットにって売られていることが多いのですが、
稀にローマウントのみの物も存在するので、購入時にはサイズ確認が必要です。
今回購入したマウントはリアルサイズ対応品。



ネジ間は32ミリの物に対応してます。胴長のモデルには今回のマウントはつきませんのであしからず。



同じカテゴリー(光学機器)の記事画像
邪眼。
実物T-1と至高のレプ。
同じカテゴリー(光学機器)の記事
 邪眼。 (2012-11-16 23:09)
 実物T-1と至高のレプ。 (2012-09-27 22:30)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。