2013年01月23日

次世代エムヨン、オーバーホール その③

今回行っているオーバーホール、パーツに大きな問題はありませんでしたので、
実際組み上げていきましょう。



今回はメタル軸受けを使用します。



信頼と安心の東京マルイ製。
ハイサイクル用メタル軸受け。
こちらの軸受けを専用工具で圧入します。



ビチバチに入っていますので、接着の必要はありません。



続いて使用するのは、後期型セクターギア。
表面にメッキ加工がしてある為、耐久性がUPしています。



軸受け、ギア交換に伴い、シム調整を見直します。

セクター ㊤0.48 ㊦0.15
スパー  ㊤0.15 ㊦0.15
ベベル  ㊤0.47 ㊦0.15

ですが、ほとんど弄ることはありませんでした。

セクター ㊤0.48 ㊦0.15
スパー  ㊤0.15 ㊦0.3
ベベル  ㊤0.47 ㊦0.15

弄ったのはスパーのみ。
さすが、東京マルイ商品ですね。

後は配線を見ていきましょうか。



折角なので、悪くなるセフティをキャンセルしときましょう。



モーターのトコの配線も少し痛んでいたので、収縮チューブにて補修。

各部チェックの上、フタをしてメカボックス完成。



ほいじゃ、組み上げますか・・・



今回、このスプリングを使用する予定でしたが…



実際組み込んだ所、三桁逝ってしまいました。残念。
今回はもとのピストンについていた純正スプリングを外して、そのままで組み込んであります。



このように本来の性能を発揮するように組み上げてあげれば、
スプリング交換しなくても、コレぐらい初速が上がります。
スプリングを交換していないので、メカにやさしい仕様になっとります。
もう少し初速を上げたければ、スプリングガイドを交換すれば良いかと思います。
コレで手持ちの416並みにはなっていると思いますので、M4ちゃん、もっと使ってあげてくださいネ。



同じカテゴリー(次世代電動ガン M4)の記事画像
レシーライフルを弄る。
レシーライフル TANカラーを弄る。
レシーライフル リポ化。
呪われた次世代。
お客さんの手による修理。
次世代エムヨン、オーバーホール、その②
同じカテゴリー(次世代電動ガン M4)の記事
 レシーライフルを弄る。 (2013-04-12 22:30)
 レシーライフル TANカラーを弄る。 (2013-04-11 22:30)
 レシーライフル リポ化。 (2013-03-28 23:30)
 呪われた次世代。 (2013-03-14 23:30)
 お客さんの手による修理。 (2013-02-28 23:00)
 次世代エムヨン、オーバーホール、その② (2013-01-22 22:29)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。