2013年01月14日

スペツナズ 修理&ハイサイ化

今回は、お客さんの修理品。
壊れてしまったようで、折角なのでハイサイ作ってくださいとの事。
折角なので修理&カスタムをレポートしましょうかね!?



概観ではサイレンサーついてますが、特にこれといったカスタムはされていないノーマルのベータスペッツナズだそうです。
お客さん曰く、撃っている途中でメカボの中からニャンコの泣き声が聞こえたそうです。



故障の原因の一つとしてはコレでしょうね。
リフェバッテリーでぶん回していたら壊れたそうです。
純正のままではオーバレブ状態じゃないんですかね。
今回は壊れるべきして壊れた感じですね。
はてさて、どこが壊れているんざんしょ???
それでは分解していきましょうか!?



まずは、ストックを外します。今回のブツは代用のネジで止めてありますね!?
このままではちょっと目立つので後で何とかしましょうかね!?



こうやってバラしてみると可愛いですね。
ホントはストックの中のコネクターもキャンセルしたいトコです。

それではメカボを出す為に、トップカバーを外しましょう。



ココに小さいネジが入っているので、忘れずに外しましょう。
ココとは別にもう一つ忘れそうなネジがあります。
それがココ!!



ホップレバーのツマミの所に小さなネジが入っています。
コレを外し忘れてモミモミしていると確実に割りますので注意しましょう。



トップカバーを外した時、ココになくしやすいスプリングが入っているのでなくさないよう注意しましょう。
初バラしなら、中のフックにスプリングが掛かっているので外れてなくなることは少ないですが…

続いてトップカバーを外していきましょうか!?
フレーム下のココのネジ4本を外せば…



前方にスポッと抜けます。



抜けたフロント部にも無くしやすいナットが入っているので注意。
無くさんうちに外しておくのが吉です。
もう一つ無くし易い部品があります。
ソレがココ!!



フロントを外した勢いでコロンと外れてくるパーツなのですが、
コレが意外と無くし易い。コレはマガジンを引っ掛ける重要な部品で、
コレがないとマガジンを取り付けることが出来ません。



部品単体で見るとこんな部品。
こちらも無くすとあとで泣きを見る部品なので、予め外しておくと良いでしょう。



後はセレクターのこの位置に隠しネジがあります。
セレクターの丸いパーツは、マイナスネジでコジれはポロンと外れます。
さすればセレクターの中心にネジがありますのでソレを外せばセレクターが外れます。



後はグリップを外せばメカボは上にスポっと抜けます。
どうです!?以外に簡単でしょ!?

次回はメカボの中身を見ていきましょうか!?




同じカテゴリー(電動ガン AK)の記事画像
AKの修理。
AK Bスペッツナズを弄る。 その②
AK Bスペッツナズを弄る。
LCT AK 修理 その③
LCT AK 修理 その②
LCT AK 修理。
同じカテゴリー(電動ガン AK)の記事
 AKの修理。 (2013-06-13 22:44)
 AK Bスペッツナズを弄る。 その② (2013-05-11 22:19)
 AK Bスペッツナズを弄る。 (2013-05-09 22:30)
 LCT AK 修理 その③ (2013-02-10 22:39)
 LCT AK 修理 その② (2013-02-08 22:30)
 LCT AK 修理。 (2013-02-07 23:00)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。