2013年01月08日

ゴールデントンプソン その②

というわけで、今回はメカボの中を覗いていきましょう。



まずは外観から。
外から見る限り、ベアリング仕様になっています。
その大きさはなんと9mm。
オーバースペックですが、海外で鬼バネ引くならコレ位ないとだめなのかもしれませんね。



トリガーアッセンブルを外します。
ココはネジを外すだけで…



簡単に外せます。
メカボをばらさなくてもメンテナンスできるので、大変便利ですね。



セレクタープレートやセフティパーツ等は乗っかっているだけなので、簡単に外れます。
セフティとセレクターの土台は凄く似ていますが、形が違うので、どちらについていたか
間違えないよう、写メ等とって置くと良いでしょう。



それでは、ご開帳。
グリスはオイルに近い粘度の低そうな透明なものが使われております。



各パーツを外してチェックします。
部品の出来は悪くないですね。
このまま使用しても何の問題もないかと思われます。



初速が低い原因はコレ。
スプリングカットで初速調整してあります。
やけに静かだったのもコレが原因です。
しかし弊害が…



ピストンを押し込む力が足らない為、ピスクラしちゃってますね。
3歯までやられているので、このまま使えば時間の問題ですね。



ここは純正部品を加工して使います。
安心のマルイ純正ピストンです。



今回は良い音を出す為に、ピストンを重くします。
ステンレスピストンヘッドなるものを見つけたので、コレを使用します。
さらに、純正ピストンの中に入っていた錘もそのまま使用するので、
ピストン自体は中々の重さになってます。



一見キレイなギアも洗油で洗ってみると…
カスやら何やらいっぱい出てきますね。



組み込み前に再チェック。
今回もシム調整やり直しました。

ベベル  ㊤0.5 ㊦0.25+0.1
スパー  ㊤0.15+0.2 ㊦ 0.2+0.1
セクター ㊤0.5+0.1 ㊦ 0.5 

を…

ベベル  ㊤0.5 ㊦0.5
スパー  ㊤0.5 ㊦0.3
セクター ㊤0.5+0.3 ㊦0.5

に変更しました。
相変わらずデフォのし状態では適当に入ってました。
ナゼ0.2と0.1をあわせて使うんでしょうかね?
もしかしたら0.3というシムの設定がないのでしょうか!?
この辺惜しいです。部品の出来はよくなっているので、
もうちょっと丁寧に組み込んでもらえれば、より良い商品になるんでしょうが…



マルイのグリスを塗りなおして組み込みます。
今回は加速シリンダーを止めて、フルシリンダーを組み込みます。
バネもハイサイ用のちょっと強めのバネを使い、重たいピストンを使って一気に圧縮。
弾けるような破裂音を生み出そうと思います。

ココまでは想定内の作業、順調に続くと思われましたが、最後に大きな罠が…
次回に続きます。




同じカテゴリー(トンプソン)の記事画像
ゴールデントンプソン その③
ゴールデントンプソン
同じカテゴリー(トンプソン)の記事
 ゴールデントンプソン その③ (2013-01-09 22:12)
 ゴールデントンプソン (2013-01-07 22:30)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。