2013年01月07日

ゴールデントンプソン

今回紹介するのは、キングアームズのトンプソン。



キンキラキンに仕上げられたそのボディは、東南アジアの麻薬王が持っていそうな
いかにも悪そうな一品ですが、今回はこれをカスタムして欲しいとの事。
持ち主さんいわく…

「外観に負けないぐらいのドハデな仕様にしちゃってください」

との事。
今回は音にこだわりたいということなので、思い切り爆音仕様にしたいと思います。
流速風味で作れば良いので、簡単に仕上がるかと思っていたのですが…
今回は思ったより梃子摺りました。



まずは、初期の健康診断から。
少し初速が低いように見受けられますが、作動音自体はスムーズで、
大変静かです。弾道は見ていないのですが、部屋の中で撃った感じはとても良いですね。
ほいじゃ、早速ばらばらにしていきましょうか!?



まずはストックを外します。
このモデルは、フルメタ、木ストと豪華仕様になっとります。
木ストに傷をつけないように、慎重に作業します。
まずは、ストック下の太いマイナスネジ2本を外します。



ストックが外れたら、図の位置に何か棒を突っ込んで、アッパーフレーム
のロックを解除します。



無事、アッパーが外れました。
加速シリンダーが組み込まれていますね。



グリップはグリップ下のネジを外せはスポッと抜けます。



メカボを取り出す為、セレクター&セフティを外していきます。
ココで注意しなければいけないのは、小さい芋ネジが入っているので、
コレを外してから出ないとセレクター&セフティは外せません。



無事外れました。
セフティは芋ネジを外せばはまっているだけなので、ちょっと硬いですが、
上に引っこ抜けばスポッっと外れます。



セフティを外すと、セフティが入っていた土台に又小さなネジがありますので、
コレを外すと…



メカボがズルっと上に抜けます。
メカボの中身は次回。




同じカテゴリー(トンプソン)の記事画像
ゴールデントンプソン その③
ゴールデントンプソン その②
同じカテゴリー(トンプソン)の記事
 ゴールデントンプソン その③ (2013-01-09 22:12)
 ゴールデントンプソン その② (2013-01-08 22:30)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。