2012年11月23日

MP5 オーバーホール

豊川の立てこもり事件も、大きな被害が出ることもなく無事解決しました。
現場検証などまだやってますが、わが地元もいつもの平和な町に戻ってます。
心配してくれた皆様。もう大丈夫ですよ。

今回はMP5のオーバーホールのお話です。



今回持ち込まれたMP5は、ショップチューンのものを購入したそうです。
買ってから結構使い込んでるみたいで、最近弾詰まりが多く、
飛びがおかしいということなのでパッキンを交換してみますか!?



直ぐ終わるんで、ちょっとまっとってね!?
と言い、お客さんの前でバラしたのですが・・・



フロント周りバラして気づいたのですが・・・
MP5ってフレーム割らないとチャンバーまでたどり着けないのをすっかり忘れてました。
ごめんチャイ。ちょっと時間掛かるよ!!



フレームを割って、チャンバーを取り出します。
ココでパッキン交換する為にチャンバーばらしてみたら・・・



ホップゴムに悪戯がしてありました。
コレが原因じゃないでしょうかね!?
コイツを純正に戻して組みなおしです。
とここで、作業を見ていたオーナーさんが、

「メカボの中見てみたいんで、そのままオーバーホールしちゃってください。」

ということで、メカボの中まで総チェックすることに。



ムムッ!?
どこかで見たことあるラベルが。
ベアリング入ってますね。6ミリですが・・・



ハイプロテクションギア入ってます。
グリスがとんでもない色してます。からしみたいな色してます。
コレって元からこの色!?それとも劣化して変色したのかな!?



たっぷーーり塗ってありますね。
とりあえず、ぜんぶキレーキレーします。



ピストン、使えないことはなかったのですが、大事を取って交換。



グリスを塗りなおして、無事完成!!
ベアリングは固定しようと思いましたが、
後日交換する予定なので、このままハメときます。



そんで持って試し撃ち。
音が変わって気持ちサイクルが早くなったとお客さんも大喜び。
念のため、初速計ってみたのですが・・・

「三桁いっとるじゃないですか!?」

あかんです。
調子よくなりすぎました。
丁寧に組みなおしただけすが・・・
あのグリスで初速落としてたんかな!?
なんしょ、MP5はフレーム割らんといかんので・・・凹みます。




同じカテゴリー(MP5)の記事画像
CYMA MP5SD6 修理 その②
CYMA MP5 SD6 修理。
同じカテゴリー(MP5)の記事
 CYMA MP5SD6 修理 その② (2013-03-02 23:00)
 CYMA MP5 SD6 修理。 (2013-03-01 23:05)
Posted by 雲長。 at 22:30│Comments(0)MP5
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。