2012年10月25日

お化粧直し。

本日は、先日私の不注意で割ってしまったベネリの補修を行います。
斜めにうまく抜けると、割らずにすむのですが、何回か分解を繰り返していると必ず割れます。
接着面に沿って綺麗に割れれば問題ないのですが、稀にガッチリ接着してあると、
他の場所から割れてしまいます。今回は後者のパターン。

前回はプラリペアを盛り付ける作業まで行いました。
今回は、成形、塗装まで一気にイキましょう。

前回のプラリペアの痕。溶接の痕みたいになっています。
ちょっと盛りすぎましたか・・・



今回は、時間短縮の為、ヤスリを使い分けます。
荒削り用のヤスリと



仕上げ用のヤスリ。



本当は、サンディングブロック(硬くて四角いブロックなら何でも良い)
を探していたのですが、田舎のホームセンターでは見つけることが出来ず・・・
比較的面が出ているこのヤスリにしました。

まずは、荒削り用のヤスリで一気にイキます。
ゴリゴリッとね。



ある程度削ったら、いらんとこ削ってないか一度チェックします。



問題なければ、おおよその形が出るまで削り込みます。



荒削りが終わった状態。そうしたら、仕上げ用のヤスリに切り替えて・・・
エッジ、面に注意しながらシコシコ頑張ります。



最後に、こまかいヤスリ痕を消す為に、ペーパーやすりをあてます。
塗装は下地が命。この作業を怠ると、乾燥後傷が浮かび上がって残念な仕上がりに・・・



とりあえず終了。そしたら一回中性洗剤で綺麗に洗ってあげます。
手の油とかがついていると、塗装のノリが悪くなりますから。



今回の塗装に使うのはコレ。



この塗料、かなりお勧めです。
塗装後の皮膜の強さはピカイチ。
お外でいじくりまわすトイガンには最適ですね。



塗装は風のない天気の良い日に行いましょう。
自分にブッかかったり・・・ホコリがついて台無しになります。



スプレーをぷシューと一吹き。
対象物とは2~30センチぐらい間隔をあけて、塗るというより乗せるって感じで。
一気に塗ろうとせず、何回かに分けて行うと、均一にムラ無く塗れますよ。



塗り終わりました。
ヒケ等完全に処理していないので、出来はまあまあですが。
お飾り用のモデルガンなら、もっと気合入れて仕上げますが、
サバゲで使って傷がつくので、また何かあったら仕上げなおししようかと。




同じカテゴリー(ベネリM3)の記事画像
M3メンテ。
同じカテゴリー(ベネリM3)の記事
 M3メンテ。 (2012-10-21 23:51)
この記事へのコメント
こんばんは(´▽`)

文房具コーナーの小さなアクリル製のカード立てがサンディングブロックに良いですよ♪

プラリペアは完全に硬化すると硬過ぎてブロック無しではABSばかりが削れちゃうんですよね?
Posted by ヒカル at 2012年10月25日 23:09
<ヒカルさん

まさにそんな感じの物、探してました。
もしくは、真鍮、アルミの加工部材。
文鎮から、文房具、イロイロ探したんですが・・・
地元のカーマでは発見できませんでした。
東急ハンズとかいけばゴロゴロあるんですけどね。
サンディングブロック無しだとエッジがダレますからね。

プラリペアはその硬さと硬化時間が魅力ですね。
裏技として、半乾きの時にデザインナイフで切るといった手法も。
バイクのカウルの補修から電動ガンまで、イロイロ使えて大変重宝しております。
Posted by 雲長。雲長。 at 2012年10月26日 09:15
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。