2012年10月07日

P90修理。

今回は前回の夜戦で不調だった、P90をメンテナンスしようと思います。



見た感じ近未来的デザインで、複雑そうな作りのP90なんですが
分解、整備のしやすさでは電動ガン1~2を争うほど、整備性のよい鉄砲だったりします。



前回、かなり弾道が乱れた為、今回はHOP周りを重点的に見ていきましょう。
HOP周りを分解してみましたが・・・



HOPパッキンが硬くなってました。



形状も変形しており、、交換時期だと思います。
一通り、チェックして丁寧にくみ上げて終了です。

組み立て終了後、初速チェックしました。
初速は安定しており、全く問題はありませんでした。
あまりにあっけなかったんですが、原因はHOPゴム!?
パッキンであんな飛び方したっけかなぁ!?
後日、明るい所で弾道チェックして終了です。
しばらく使ってあげなかったので、ダダをコネてただけならいいんですが・・・



同じカテゴリー(P90)の記事画像
P90のオーバーホール。
PS90を弄る。
同じカテゴリー(P90)の記事
 P90のオーバーホール。 (2013-06-08 22:30)
 PS90を弄る。 (2013-04-08 23:00)
Posted by 雲長。 at 23:55│Comments(0)P90
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。