2017年04月11日

HK416 オーバーホール

今回持ち込まれたテッポは、綺麗に塗装されたデブグル君!!



オーナーさん曰く、何やらイマイチ調子がよろしくない模様。具体的には、セミオート不良といういつものトラブル。

折角なんで、オーバーホールお願いしますとの事。ほいじゃ早速見ていきましょう!!





アッパーとロアをばらしてみた所、早速部品が転がり出てきました。どうやらリコイルパーツがやられちゃっている模様。



「純正品番 416-24 ボルトパーツセット」という部品で、ピストンに引っかかって、ダミーボルトを連動させるための部品です。

上が正常品、下は今回の破損部品。この部品はよく壊れてしまう部品の一つです。



シリンダーの吸気ポートから派手にグリスが飛びでちゃってます。次世代はグリス多目がデフォなんでしょうか!?



グリップには、お宝モーターのサマコバが入ってマス。中々ブルジョアですな。



ハイッ!!メカボ出ました。

出し方は割愛。バラし方知りたい人は、過去記事を参照してネ。



メカボオープン!!ソコソコ綺麗で一見問題は無いように見えたんですが・・・



何かプラスチックの破片みたいなものが・・・タペットの欠片!?それとも何処かの部品!?コレはバラして出所を探ってみないといけませんね!?



完全分解して出所を探ってみたんですが問題なし!!プラスチックの破片に見えたのは固着したグリスでした。



全く問題が無いわけでもなく・・・今回はスイッチ事体に問題アリ!!単純に接点が欠損して起きる通電不良でした。



右が新品、左が今回の部品。かなりスイッチの接点が無くなっちゃってます。



今回はオーバーホールの依頼なので、古いグリスをしっかりと洗い流します。ピストンレールも固着した古いグリスがたまってるので、平筆で掻き出します。



ギアもお風呂に入れてゴシゴシと・・・真っ黒ですね。



洗浄終わり!!目視にて部品に問題が無いかチェックし、問題のある部品は交換します。

今回、問題のある部品はスイッチだけで、その他の部品は問題ありませんでした。



スイッチには定番の加工をしておきます。



備忘録として、シム調整の純正値を残しておきます。

ベベル ㊤0.5 ㊦0.15
スパー ㊤0.15 ㊦0.15
セクター ㊤0.5  ㊦0.13


各部グリスアップして部品を組み上げます。ギア系には「マルイの高粘度赤グリス」、ピストン、シリンダー系には「タミヤのミニ4Fグリス」を使用します。

各部品を組み上げたら完成!!

皆さんにオーバーホールの時期についてお問い合わせをいただくんですが、ワタクシは・・・

調子悪いと感じた時!!

とお答えしております。

完全に壊れてからでもいいと思いますが、場合によっては壊れた部品が悪さをしてしまう場合もあります。

ギアが壊れてピストンロックしているのに、解らないからトリガーひき続けて配線やスイッチ燃やしちゃったり・・・

しばらく使ってたテッポで、調子悪いと感じた時がオーバーホールの時期かと思います。

調子が良いのか悪いのか、イマイチよく解らないって方は、テッポもって遊びに来てください。

診るだけならばお代は頂いておりませんので、どうぞご遠慮なく!!  

Posted by 雲長。 at 22:00Comments(0)