2017年02月24日

次世代 M4 修理

今回紹介するブツはワタクシの私物。



ワタクシのCQBR君は初期ロット品で、今まで何度も何度も直して使ってマス。

最近イマイチ調子が悪く、それでもだましだまし使っていたのですがどうやら限界の模様・・・

サバゲやビギナーズもあることですし・・・重い腰を上げて修理していこうかと思います。



というわけでちゃちゃッとバラします。

こうやって見てみると、イロイロとカスタムパーツをぶち込んでありますね。

今では次世代は箱出しで十分といわれてますが、当時はカスタムの必要性があったんですよ!!

シリンダーとか短いバレルなのにフルシリンダーだったり、ギアとかすぐ削れちゃったり、よくピスクラしたりして・・・

現行モデルは昔の問題点は改修はいってるんで、ハコダシで十分ですよ!!



というわけでメカボオープン!!

まぁ・・・ボチボチ汚れてますが、今回はオーバーホールじゃないのでこのままでイキます。

メカボとか小さいクラック入ってましたけど、見なかった事にしましょう。



ピストンヘッドが交換されてますね。なんで交換したんだろ!?

重さ調整で使ったんだっけか!?それともジャンク箱から拾ってきたのを付けたんだっけか!?

ラックの歯が摩耗してますけど、コチラも見なかった事にしましょう。



問題の核心に迫ります。

スイッチが欠損しちゃってますね。

ここは見なかったことに・・・は出来ませんネ。

ココは交換せんと動きませんからね。

というわけでジャンクボックスから、ソコソコ使えそうなスイッチを再利用!!部品取りして直しておきました。

最近は新品のピストンやらスイッチやらは貴重品ですからね。

マルイさんも早いトコ部品を出してくれるようになるとといいんですケドね・・・

パカヤマさんトコのノズルと、スイッチ保護の為のSBDを取り付けて、今回の修理は終了!!

もう買い替え時だと思いますが、この子はワタクシとは長い付き合い。

真っ二つに折れて使えなくなるまでは、ワタクシがかわいがってやろうと思います。  

Posted by 雲長。 at 23:00Comments(1)