2017年01月24日

お客さんの手による 次世代 DTM組込



今回の作業は、ビッグアウトのDTMというデジタルトリガー基盤を組み込む、結構難易度の高い作業!!

はたしてうまく出来るかな!?



というわけで、DTMは当店でお買い上げ。

アリガッサマ~♪

お値段張りますが良い品です!!



基本の分解工程はお客さん自身にやってもらいます。

当店では資料や工具は取り揃えてますんで、それ見てわからんトコは聞きながら行う感じです。



ハイッ!!無事メカボ分解するトコまで出来ましたね。

ココからDTMの組み込みとなるわけですが、どうやらお客さんはハンダ付けに自信が無いようなんで、ワタクシが出動!!



DTMの組み込みは何回かやったことあるんですケド、相変わらず細かいハンダ付けが必要ですね。



上手くハンダ付けするコツは、古いハンダをとる事がポイント!!

ハンダによっては融点が違うので、上手くハンダ付け出来ない事もあります。



まずは基板にハンダを盛りつけるんですが、長い時間コテをあてていると基板を傷めますので注意しましょう。



ワタクシは電動ガンのカスタムには基板用ハンダを使います。

融点が低くハンダ付けしやすいのでオススメですよ!!



呼びハンダを乗っけておいた配線と基板を合わせて、ハンダこてで溶着します。

ハンダ付けするスペースも小さく、ソコソコのハンダ付けのテクニックが必要となるので、心配な方は得意な方にやってもらいましょう。

ハンダ付けが終わったからって気を抜いては行けません。DTMに関しては細かいスイッチを折ってしまったら、ハイ終了!!なので気を付けて組み込む必要があります。

というわけでメカボの組み立ては心配で、気がつけばほとんど私がやってしまってたり・・・



難しいトコロはワタクシがやっておいたので、残す所はお客さん自身が組み上げてハイッ完成!!

こんなアットホームなトコロが当店の良いトコロだったりします。

自分で電動ガン触ってみたいって方は、店主までご相談下さい!!  

Posted by 雲長。 at 22:30Comments(0)