2015年11月18日

電動USP 修理 前編

本日のネタはコレッ!!



持ち込まれた電動USPはスライドシルバーモデルの比較的新しい子。
カスタムとしてリポ化してあるそうで、アタッチメント等を使わずに直接端子をつないであるそう。
オーナーさん曰く撃てたり撃てなんだりするらしい。ワタクシもチェックした所、トリガーを絞り込むと発射される感じ。
コレはスイッチ板が欠損しているような気がします。ほいじゃバラして修理していきましょうか。



まずはスライドを外します。



続いてコードカカバーを外します。ちっさい+ネジで止まってますのでネジは無くさんように注意。



カバーは3本のネジで止まってます。ネジは前の一本が長いネジ。
コードカバーは無理やり外そうとせず、引っかかっている所があれば優しくしないと割れてしまうのでココも注意!!



ココにとても小さなスプリングがあります。飛ばして無くさないように気を付けましょう。



ムムッ!!ココのはんだ付けは怪しいですぞ!!
何故にココで繋いであるんでしょう?
配線直でそのまま繋げばOKのような気がしますが・・・
配線はあとでキッチリ直しましょう。



トリガーバーは上に引っこ抜けば外すことが出来ます。



トリガーバー先端にも小さいスプリングが仕込まれているので無くさないよう注意しましょう。



続いてハンマーの根元付近にある2本の+ネジを外します。



ハンマーユニットは上に引っこ抜けば外せます。



ハンマーユニットはこんな感じ。ほんと電ハンは小さいスプリング多いですなぁ!!



バラバラになってしまった時の備忘録として、違う角度からも写真残しておきます。



ノズルユニットはノズルガイドと共に、後ろに引っこ抜けば抜けます。



シリンダーヘッドの先についている小さな+ネジを外します。



バレル、チャンバーアッシーが外れました。



グリップパネルを外すのですが、グリップパネルに張ってあるシールを剥がし、メカボックスを固定している2本のビスを外しておきます。



グリップは両面テープでフレームに固定されてます。マガジン入れるとこに楕円の穴が開いてますので、ソコから棒を突っ込んでグリップを浮かしてマイナス等を突っ込んで少しずつ剥がして下さい。
下手うつとグリップを割ってしまいますので、ここは気長に少しずつ剥がすようにして下さい。



はいっ!!グリップ外れましたね。いつも思うのですが、小さいネジ等で固定ではなく、なぜに両面テープ!?
マルイさんの電動ハンドガンってほとんどこの方式ですよね。



長くなってきたんで、続きは次回。  

Posted by 雲長。 at 23:27Comments(0)