2015年11月01日

AK ドラムマガジン 修理

本日のネタは、AKのドラムマガジンの修理。弾が上がらなくなってしまったようです。
持ち主さんはそれはそれは良く弾を撃たれる方。コレが無いと弾幕が張れないということで今回ドック入り。
ほいじゃ、各部チェックしていきましょうか!?



まずは上蓋を外染ます。上蓋は真ん中のダイヤル状のパーツを回せば外れます。



目視ではマガジンの所の分銅が無くなってます。巻き上げユニットの作動事態は問題なさそうなんで、ゼンマイ辺りが怪しいですな。
ほいじゃ早速内部をバラして見ていきましょう。



まずは給弾パイプを外します。ココの2本のネジを外せば給弾パイプを外すことが出来ます。



続いて給弾ユニットを外します。給弾ユニットはドラム本体に5本のネジで止まっているので、ココも外します。



後はモーター付近の2本のネジを外せば・・・



給弾ユニットを本体から外すことが出来ます。続いて給弾ユニットを分解していきましょう。



ユニットをばらすためには、ユニット横の3本のネジを外します。



真ん中のこのパーツ(ナマエガワカランダレカオシエテ)をマイナスドライバーでコジって外します。



ユニット分解完了。おや、ゼンマイが変な形で飛び出ちゃってますね・・・



ゼンマイユニット開けてみたら・・・ゼンマイがへし折れてクチャクチャになってます。



ゼンマイの先端もポッキリ逝っちゃってるんで、コレは新しいゼンマイと交換せんとアカンですね。



ユニットメカもだいぶ汚れが溜まってますね。これもキレイキレイせんとアカンです。



ドラムのゼンマイのドナーとなるのは東京マルイさんの300連マガジン。ゼンマイのトコだけは部品で出ないんで、今回は泣く泣く新品バラして引っこ抜きます。
中華のマガジンをバラしてゼンマイ引っこ抜いて使ってもいいんですが、マルイさんのゼンマイと比べるとコシと質が違います。
オーナーさんも良い物をってことで、今回はマルイさんのマガジンゼンマイをチョイス。



マルイマガジンの解体については、本体から中身引っこ抜いてネジ外すだけなんで割愛。



各部品の清掃も終わって新しいゼンマイユニットを移植します。部品自体はゼンマイユニットごとポン付可能。
無くなった分銅もマルイさんのマガジンから移植しておきます。こちらもポン付。
マルイさんのゼンマイは初めから錆びてたりせず輝いてますなぁ。
ホント、ゼンマイだけ出してくれれば助かるんですがねぇ・・・



各部チェックしたみたら・・・給弾ルートにカスがいっぱい詰まってます。給弾ルートもきれいに磨き上げて綺麗にしておきます。



組み上げはバラした逆の手順で組み上げればOK。
今回の修理も難易度はそんなに高くないので、同じ様なトラブルでお困りの方は一度分解してみてはどうでしょう!?



コチラも宜しく ↓↓↓ クリック ↓↓↓
  

Posted by 雲長。 at 22:45Comments(0)