2015年10月12日

エンジェル・ハート(前編)

ミリブロをご覧の皆さん!?エンジェル・ハート見ました!?



賛否両論、ネットでは賛の声が多いと思いますが、ワタクシの感想はどうだったかというと・・・

アリだと思います。

キャスト面でも川上隆也演じるリョウ約はまってましたし、中でも海坊主(ファルコン)なんか最っ高!!ドハマりです。
最初は微妙と思った冴子さんも、意外にハマリ役!!熟年女優の高島礼子も演技力高しっ!!

キャスト以外にも心配していたのは、このご時世テッポでドンパチってドラマはいけるんかいなぁ!?
と思っていましたが、「安心して下さい、穿いてま・・・」意外や意外、第一話からドンパチしてました。

内容的にもなかなかオススメ出来るドラマだと思います。早くも次週が楽しみ!!

ミリタリーとドラマって何の関係があるのかとお思いの方も居るともいますが、今回のエンジェルハートはイロイロなテッポさんが出てきます。
今回は第一話のドラマのあらすじを紹介しながら、出てくるテッポさんたちをクローズアップしていこうかと。



まずは喫茶キャッツ・アイに依頼人がやって来ると言うトコからお話しがスタートします。
キャッツ・アイって名前・・・北条司マニアなら激アツですね。綺麗な女性占い師がある男を守ってほしいという依頼。



占い師の守ってほしい男性は占い師の元旦那だった・・・無事に依頼を成し遂げ祝杯を挙げる二人。
新宿のビル街のネオンをバックに香と結婚式の衣装についての打ち合わせ。冴羽役の川上さん、リョウの雰囲気出てますね。



幸せの絶頂期だったはずが・・・交通事故に巻き込まれて香が脳死状態に。運ばれていく香になにもしてやることが出来ず立ち尽くすリョウ。
香は生前にドナーカードを作っており、そのカードに添えられた手紙を読むリョウ。ワタクシもこのシーンはウルっときました。
そんな中、香の心臓が何者かに奪われてしまう。



愛する人(香)はココにはいない。

それから1年の月日が過ぎ、それでも香の心臓を探し続けている獠。
そんな中、胸に大きな傷を持った女性が喫茶キャッツ・アイを訪れる。
彼女の名はグラス・ハート。ある秘密結社の暗殺部隊の一員だった。
彼女は1年前に自殺を図り、香の心臓を移植され蘇生したのだった。
そんな彼女を組織の暗殺者が狙うといったストーリー展開。



そんな中、ガンマニアがホウホウしながら喜ぶ前半の見どころ。
リョウにテッポを向ける暗殺部隊の劉信宏(リュウシンホン)。



リョウに素早くスライドを引かれ、グロックが無効化される。



振り向きざまにグロックをテイクダウン。



そうとは知らず、必死にテッポをむける劉。



んっ!?何か生えてきたぞ!?



ミッ、ミニミッ!!



海坊主がニッコリ!!いい笑顔してます。

と、ここまで細かいテッポの描写のあるドラマも少ないと思います。
原作ファンの方はもちろんの事、ミリタリーマニアの方にもオススメのドラマですよ!!

後編に続く。  

Posted by 雲長。 at 21:00Comments(0)