2015年10月08日

タニオコバ VP70 修理

今回紹介するのは、タニオコバ製のVP70というテッポ。
あまりメディアでは見かけないんですが、ゲームの世界では結構有名なんだそう。
バイオハザードでの使用例が多いんだそうです。(アンマゲームヤラナイカラウトイ)



この商品当初は当店に委託販売って形で在庫していたんです。



VP70のガスガンはタニコバしかモデルアップされておらず、
ホルスターやアタッチメント等もフルセットそろっていて今となっては結構レア物。
興味があるというお客さんが居たので、久しぶりに作動させてみたところ・・・

パフン、パフン、プフン、プシャー・・・

アレッ!?こんなんだったっけか!?いくら昔のテッポといってもここまで酷くはなかったような・・・
そんな状態では中々買い手も付かず、当店でしばらくジャンク品として預かっていたのですが、
持ち主さんに引き取ってもらおうとしたところ、モウイラナイという事。
資料的コレクションとしてワタクシの私物に加わったといった次第です。
ほいでもせっかくなんで分解して修理していようと思い、簡単に分解してみました。



まずはトリガー上部のレバー?を押し下げて、スライドを引っ張り上げれば・・・



スライドから本体が外れます。



スライドにブローバックユニットが嵌っているのですが、ココはネジ2本で止まっているだけ。スライド後部のネジを緩めると・・・



スライドからブローバックユニットが外れます。それにしても部品点数少なっ!!見た目もシンプルですが、中身もとてもシンプルです。
ユニットバラした時、緑色のカスみたいなのがぱらぱら出てきたので何なんだろと思っていたんですが・・・



ピストンカップのリングが元からこうであったようにきれいになくなっています。
このままそっと組み上げて、箱に入れてしまっておいたのですが、先日(トイッテモダイブマエ、ブログサボッテタカラネ)
東京で行われたミリタリーイベントのタニオコバブースでこんなものを発見。



新型コバカップ
旧型のピストンカップはカタに塗ってある剥離剤がカップに侵食し、時が過ぎるにつれ崩壊してしまうといったトラブルが多かったそうです。
たまたま東京で行われたイベントに遊びに行った時、タニコバのブースで見つけました。



同じくタニコバのブースにはVP70のストックやらマガジンやらが並んでいた為、マガジンをガッチリ3本ほど確保しておきました。



バラして外した部品と見比べてみると、旧コバカップの方は完全にカップのフチがなくなってますね。
新しいピストンカップはしっとりとしていてコシがあります。



取り付けの方も、ネジを外して組み替えるだけといたって簡単。組み込んで作動せたところ・・・



「バン、バン、バン」と中々良い音。
ナヌッ!!初速もイイ感じに出ているじゃないですか!?



というわけで無事修理完了。またそっと箱の中に仕舞っておきました。
来年の夏はこの子を活躍させてあげたいですね。  

Posted by 雲長。 at 22:05Comments(0)