2014年09月25日

実物マリタイムヘルがやって来たぞ!!



それはたわいもない常連さんとの会話から始まった。

雲長。「そういや、最近うちの常連さんたちが、マルソックやらソルマックやたでワイワイ盛り上げっててさ…」

    「みんな特殊部隊に配られているヘルがマリタイムだか何だかってヘルなんだけど、どこのレプがイイのか悩んでるみたいなんだよね…」

    「ただワタクシも本物は見た事ないってことで、イマイチどんなもんだか解んないんだよね!?」

    「先生詳しそうだで、何処がちがうか教えてちゃぶ台」

剛のマニア「…」



ぬなあぁぁっっ!!!

先生何でも持ってるんですね!?今度参考までに見せてくださいッ
てことで実ヘル持ってきてくれたのでインプレしますね。



アラミド繊維で作られたヘルメット。それはそれは重たいんでしょうなと思っていたのですが、実物は1キロあるかないかの重さ。
肝心の防弾性能は22口径ぐらいなら止めれるみたいですが、AKはダメよ、ダメダメらしい!!
外見を見ていくと一見、従来型のヘルメットと同じように見えるのですが…



耳の周りのデザインがハイカットになっていて、ヘッドセット等を取り付けた際にヘルメットと干渉し辛くなっているようです。
かんたんな見分け方は、耳裏のレイルの穴が3つの物が従来型、4つの物がマリタイムって感じですかね!?



後頭部は見た感じ長くなっているような感じですが、もしかしたら目の錯覚かもしれません。
運動を司る小脳をしっかりガードするためなのか!?はたして目の錯覚か!?



それでは細かく見ていきましょうか。気になる色合いはというと…
一般的なTANカラーではないですね…薄い小豆色!?ココアを牛乳に溶かした様な色!?
何とも言えない艶消しの色合いですね。



おいっ!!適当に塗っとるんちゃうぞ!!砂ついとるやんけ!?
いやいや奥さん、こういうものなんですよ、これが正しいんですよ!!



チンストラップはこんな感じ。タン色のバックスキンが張り付けてあります。



ヘルの中はこんな感じ。ほとんどは従来型のライナーと一緒で、見たところ従来型のバリスティックヘルのライナーに見えるのですが…
実際はほとんど違いが無いそうで…それでも細かいマニアの為に重箱の隅をツツいていくと…



どうやら若干この辺りが違うみたいです。偉いマニアが言っていたので間違いないでしょ!?



ペロンとむいちゃえ!!この辺が若干違うみたいですよ!!ワタクシには解りません。詳しくは画像にて確認ください。ハイ。



一個かと思ったら二つもお持ちじゃあーりませんかッ!!お一つ私にクダサイナっ!!
えっダメ!?頭は一つしかないはずですよね!?一つはワタクシが預かっておきましょうか…永遠に!!



何気なくある持ってきたAOR柄のヘルなんですが、実はコイツは本当に鬼レアらしい。



現地の特殊部隊の兵士が被っていたそうで、中にオネーチャンのシールが貼ってあります。



せっかくなんで被ってみた。頭のでかい私でもしっかり被ることが出来ます。
中々イイすね、コレ!?私もお一つ頂こうかしら!?

でも値段を聞いてビックリ!!
諭吉さんがダースどころか一個小隊単位でお無くなりになります。
特にAORはぶっ飛んでおり、お値段聞いたらガクブルですっ。
わたしゃBB弾を守れればイイです。

というわけで、今回紹介した実マリタイムは商品ではございませんが、
とってもよく出来たレプリカを当店で販売しております。

こちらは諭吉さん一人でしっかりお釣りの来るお求めやすい価格でのご提供となります。
って、どんだけ出来が良いかは次回、

「実物マリタイムVSレプリカマリタイム」で…

COMING SOON
  

Posted by 雲長。 at 20:00Comments(0)