2013年05月31日

はるのはちたいにいってきたぞ その④

というわけで、腹にたまった悪霊を全て吐き出した後、現場に戻ったのですが、
皆さん何か消化不良気味。未だ暴れ足りないってことで・・・ほいじゃちょっと、運動しましょうかね!?



マシンガン部隊を結成して、ひたすら撃ちまくりワッショイ大作戦。
お祭りゲームなんで楽しまなきゃダメですぞ!!

ひたすら撃ちながら前進、前進。道に一列に並んで撃ちまくっていたのですが、
さすがに道の真ん中を大行進していたんでは厳しいですね。直ぐにやられちゃいます。



ほんでもってホワイトボード記入したらまたまた隊列作ってお馬鹿なズンズン大名行列。



テクノブレーカー(チームB・A)の皆さんも仲間に加わり大行進。
次第にや周りの仲間も取り込んで、気づけば知らぬ間に大部隊に!!
ですがひたすら並んで撃ちまくるだけの作戦なので戦死者続出!!!
コレを程よく3往復ほど繰り返したのですが、さすがに皆さんヘバって来ましたね。

「さすがに道のど真ん中、爆進はえれーら!?」

「もうちょっとしっかりやろまい!!」

ということで作戦を立てて攻めあがることに。ガンナー、一人に対して先行隊3人の先行隊。
ガンナーはなるべく死なないようにバックアップに徹して、ドンドン味方を前線に送り込みます。
ガンナーさんは硬いトコやら敵の射程距離外から撃ちまくって、陽動&敵の頭を押さえる役。
皆さん上手く役割分担がキマり、無事フラッグの色を変えることが出来ました。

山の天気は変わりやすく、なんとか持つと思われていた天気も徐々に崩れ始め、次第に雨足が強まってきました。
主催者さん曰く、コレぐらいの雨なら決行するとの事。皆さん荷物を纏めたり、雨用の装備に切り替えてます。
私も荷物を纏めてベネリさんで出撃しようと、装備品をとっかえひっかえしていたていたその時!!

「フラッグゲット!!」

「終~~~~~了」

なんと、「はちたい」フラッグ全陥落で終わってしまいました。
「はちたい」始まって以来の出来事だったようです。



あらっ!!フラッグ落としたのはなんとこの人。TF10484(スーサイドラビッツ)のスピアーズさん。
どうやら雨足が強まってきたので、敵の頭数も士気も低く、現場はかなり手薄だった模様。
GJのK氏のサポートも決まり、見事フラッグゲットと相成りました。



まあ雨も強くなって来だした頃だし、体力的にもへばってきていたので丁度良いタイミングかな!?
というわけで閉会式。



雨が降る中、皆さんご苦労様です。
各種景品が配られました。

今回のチーム功労賞は、赤チームは「グリーンジョリー」
みなさん、ガチで頑張ってましたからね。



隊長が代表して景品を受け取りに。
ちなみに景品は「G&GのバイオBB弾」

黄色チームは、「我狼隊」のみなさん。地元でもおなじみの、
自衛隊カラーのチームです。お互いお疲れ様って事で・・・

ブラックボックスの景品も配られます。
今回もマルイの未発売の新製品等、豪勢な景品が振舞われました。



ありゃりゃ!?ふぇぃさんなんか当ててますね!?
お得意のドイツのテッポさんですね。可愛がってあげてください。

さあ、フラッグゲット賞は何かな!?とドキドキワクワクしていたのですが・・・

「以上をもちまして・・・」

ぬなぁ!!今回はフラッグゲット賞無しですか!?
例年めっさイイ景品が配られていたので、ガックシ肩を落とすフラッグゲーターの方々。
あまりにもアレなんで、私から「びっくりチャーハン無料券」でも贈っときましょうか?



最後に、主催者のO社長から一言。

「又、この人らとゲームがしたい、そんな風に思えるサバゲーが出来るといい」

という一言は心に染みました。サバゲは相手あって成立する遊びですからね。
楽しく遊べた相手さんとは、又ご一緒したいですしね。



最後は雨でぐちゃぐちゃになったけど、めっちゃ楽しかったですよ!!
今回敵味方関係なく、ご一緒された全ての方々へ・・・

「See You Next Time !!」  

Posted by 雲長。 at 22:30Comments(2)サバイバルゲーム

2013年05月31日

はるの「はちたい」にいったきたぞ その③

早々にフラッグが落ちてしまった黄色チーム。
その後の敵さんは蜂の巣を突いた状況だったらしく、復活地点よりすぐに復活して来る為、
中々思うように攻められません。まぁ、速攻で終了ってのも味気ないですしね・・・
というわけで、前線でミニミで大暴れしていたのですが残念ですがミニミさんも弾切れ。
まだヤラれてはいませんが、ボックス一杯を短時間で打ち切っりご馳走さんってことで、一旦自陣に戻ります。



その後はベネリでシッポリと遊ばせて貰いました。コイツで何処まで行けるか・・・
結構いいトコまで行けるんですが、それ以上は中々進ませてくれませんね。
ベネリさんでマッタリ、カシャポン、カシャポンと遊んでいた所、またもや激震が走ります。

「フラッグ取られたらしいよ!?」

どうやら敵さん単身で乗り込んできて、コッソリフラッグを替えた模様。
その後スグに元に戻したようですが、その心意気やよし、敵ながらアッパレですな。

そういえば、唯一敵チームになってしまったブラッキーさん達はどうしてるんでしょう!?
お店の常連さん達は標的を「ワイルドオスカーズ」に切り替えて戦場でブラッキーさんを狩るという
ミニゲームを勝手におったてて慣行中ですが、当の本人は中々発見出来ません。

私も皆さんの弾の補充にと、ベースキャンプまで戻った所、駐車場の屋台(ファイヤーボールさん)にて
仲間がおいしそうな物食べているじゃないですか!?やべっ、おいしそ!!ほいじゃ私もってことで・・・

「氷イチゴ一つ」

いやー、効きますなコレ!!程よく火照った体にガツンときます。
山盛りの氷イチゴをほうばりながら駐車場をブラブラしてた所、なんとここでブラッキー氏を発見。



あらら、こんなトコにいたんですか!?ダメじゃないですか、戦闘に参加しないと!!
まあ、私もカキ氷かっ喰らいながらなんで説得力無いですけど!!

雲<「みんな、必死こいて探しとるよ!?」

ブ<「マジで!?」

折角なんでお互い精鋭達を集めて一戦交えましょうかと約束を交わしその場を後にしました。
時刻は13:40イチサンヨンマル時、場所はフィールドの川べりにて決行。



犯る気満々のグリーンジョリー隊長とBIG君。

決行時刻も近づき、折角だからAKさんを使ってしこたま打ち込んでやろうと
ドラムマガジンにパンパンに弾を込めていたその時・・・

「ピキーーーーン」

「ウグッ、ぽっ、ぽんぽんがっ!!!」

「もしやあの時催眠術をかけられてたかっ!?」

まあホントは一気にカキ込んだ氷イチゴがいけなかったわけで・・・頑張ればイケるかと思いましたが、
戦場にリアルクレイモアを仕掛けるわけにも行かないので、仲間達に趣旨を伝えた後・・・



言いだしっぺの私がヤル前から早々と撤退。
私は個室で孤軍奮闘となりましたとさ。
皆さんスイマセンです、ハイ。

次回に続きます。  

Posted by 雲長。 at 19:30Comments(0)サバイバルゲーム