2013年05月24日

静岡ホビーショーレポート クラウンさん、その他。

マルイさんのブースは大体見たので、その他のブース案内を。

まずはクラウンモデルさんから。
クラウンといえば、エアリボルバ!!



結構昔からあるんですよね。コレ!!私がガキンチョの頃プラモデルで作った覚えがあります。
今回、マルイさんが似たような物を新商品で出してきてますがコチラが元祖!!
はたしてマルイさんは元祖を超えることが出来るでしょうか!?



クラウンさんってガスリボルバも作ってたんですね。



エアコキのドラグノフもありました。フルメタル?で持った感じは結構良い感じ。
試射は担当者がお昼休憩だった為出来ませんでした。残念!!



ウッドバージョンは結構良い値段しますね。
展示品はプラっぽかったけど、もしかしてリアルウッドでしたか!?



デザイン的にも中々イカしたショットガンですな。
10禁じゃ無く18禁で出せば結構売れると思いますけど!?



個人的に好きなっテッポのコルト25オート。コイツとブローニング1910は大好きなんですよ。
昔、マルシンからモデルアップ去れていたのを持ってました。有名どころとしてはルパン三世の不二子ちゃんのテッポですな。



こんな所に幻の名銃、スーパー9プロがっ!!
たしかマルコシって言うメーカーが作っていたはずじゃ!?
今はクラウンさんが作っているんですね。

マルイ以外でテッポさん出してたのはクラウンさんだけでした。
KSCやマルシン、マルゼン、WAなんかもあるかと思ったんですが残念ですね。
折角来たのでテッポ以外にもイロイロと見てきたものを紹介しますね。



まずはマルイさんのテッポ以外の商品から。
お城シリーズ。昔、プラモで作った思い出があります。
コチラは完成品だそうで・・・結構良い値段しますな!?



戦車、その①



戦車、その②

マルイさんのBB弾が撃てる戦車さんですが・・・このまま飾っておいても見劣りしません。
めっちゃリアルあんんで、もったいなくて撃ち合いなんか出来ませんね。

後はオートバイのラジコンがあったのですが・・・スイマセン、写真撮り忘れてました。
コーナ曲がる時に上のフィギュアが体重移動するといった、中々凝ったモデルでしたよ。



アニメはよく解りませんが、マルイさん全面監修でサバゲのアニメが始まるみたいです。
それでマルイさんはこんなにボーイズを押しているんですね。



続いて世界のタミヤ。ブースはバンダイと双璧をなすがごとくのデカさ。



ゼロ戦?のプラモ。なんかよくわからんが、とにかくどえらい細かさですな。





バイクのプラモ。昔、こんなのも作った思い出が・・・
今のプラモは、めっちゃ細かいですな。



ミニ四駆コーナーは相変わらず大盛況です。
私らの世代は「ダッシュ四駆朗」でしたね。



戦車。



戦車。



戦車。



も一つおまけにでっかい戦車。
外国のマニアが手作りで作ったそうです。スゲー!!!

最近かわいらしいおにゃのこが戦車に乗って戦うアニメが流行っているようで、
戦車のオブジェやプラモがいっぱい置いてありました。







「ガールズパンツァー」

ってアニメだそうです。タイトルだけ聞くと、おにゃのこのパンツの取り合いなんかなと、
エロな妄想してしまう私は脳ミソ腐ってますかね!?次回までにはアニメも勉強しておきますよっ!!

続いてバンダイブース。



ゼータガンダム。ちっちゃいクセにめっちゃ細かい作りです。
コレでいて変形するんですから、スゴイですよね!?



百式!!今のはキンキラキンですね。
昔、私が作ったのは黄色だったような気がしましたが・・・



コアファイターもどえらいリアルです。翼のトコにちっちゃいセイラさんがっ!!
これが俗にゆう萌えってやつですかね!?



でっかいガンダム。そういや、昔限定だって事で60分の1のパーフェクトグレードガンプラ買ったっけなぁ!?
箱を開けたとたん心が折れ、いまは押入れの奥底に仕舞われてますが・・・



奥に進むと、宇宙戦艦大和のジオラマがっ。
コイツはすごいですね!!



変り種ではこんな物もっ!!
加藤清正の鎧だって・・・マニアックですな!!



京商のブースでは、実車が展示してありました。
もしかしてラジコン!?そんなはずありませんよね!?

とまあ、ただマルイさんだけ見て回ると1時間も掛からないんですが、
せかっく来たのでと、隅々まで見てきました。

帰りには、静岡名物「さわやか」のハンバーグでシメて来ました。
さすがに平日の昼間となると、店内も落ち着いてますね。
前回の静岡入りの時は食べれなかったので、今回食べれて大満足です。

今回は小旅行がてら楽しませてもらいました。
次回のホビーショーも楽しみですね!!  

2013年05月24日

静岡ホビーショーレポート 今回の本命、870編。

お待たせしました。それでは今回の本命、M870ショットガンレポート逝ってみましょうか。



キターーーーー!!! 今回のホビーショーはコレを見に来たといっても過言ではありません。
個人的にドンピシャの商品をマルイさんが作ってくれました。このガスショットガンは今夏発売だそうで、めっちゃ楽しみ!!!
もうすでにいろんなトコでレポが上がっている為、説明は無用かも知れませんが、今回の商品は「ガスショットガン」
3発発射と6発発射が切り替えられる画期的なショットガンです。



カートは新型!?かと思いきや、旧型のデザイン違いだそうです。今回は緑色と白色が新色で追加されます。
エアコキショットガン持っていない方の為に説明しますと、この1本のシェルが30発のマガジンになってます。
今回870発売にあたって、エアコキ用のショットシェルも使えるという事!!マルイさんのこうゆうとこスキです。
持っている資産が無駄にならないトコとか。(私、赤シェルは30本近く持ってる)
旧型バージョンの赤シェルは廃盤になるのかしら!?しもた!はしゃぎすぎて聞いてくるの忘れた!!



マガジンのようなどデカいガスタンクがストック内部に搭載されるみたい。
そのデカさはどうやら伊達じゃないようで、この一本で100発近く発射できる模様。
1ショット3~6発なので、300~600発イケるのかな!?十分な容量だと思います。



結構ずっしりする重さ。結構大きいので、ガスの気化室は大きそう。
この大きさなら連射しても冷えにくそうですね。



本体も触らせてくれるようなので、チョイと拝借して、
いろいろ弄繰り回させていただきました。



まずは、マガジンローダー部。ココはほぼベネリと同じ作りです。
横のレバーを操作して、ローディングゲートの上のフタをパカッと開けたら、
シェル方マガジンを突っ込むといった、まさにベネリさんそのものの作りです。



構えてみた。重すぎず、軽すぎずほど良い重量バランス!!
こいつぁ、イイ!!



一番びっくりしたのが、コッキングの軽さ。今までベネリやCA870ばっか撃っていたので、このコッキングの軽さには感動モノ!!
中指と親指で挟んだコレぐらいの力で引いても十分引けますな、コレ。これで伝説のターミネーターサラコナー撃ちも出来るって訳ですが、ソレをやると著しく耐久性が落ちるそうです。

もう我慢できんってことで試射コーナにレッツ等GOーゴー!!



ショットシェルがイパーイアリマス!!
思う存分ズンパンできます。



広報の方が親切に説明してくださいました。
はっ、早くぅ!!



マガジン風ガスタンクを本体に装着したら・・・



先ずは3発モードから。

はい!!



「ズバン」

ヒーハー!!たまらんね、この感じ。着弾した感じはエアコキベネリそのもの。
違いといったらコッキング軽いので連射出来るって事かな!?

続いて6発モード。

「ドバン」

白い塊が一斉に向かっていく感じ。
着弾音は3発と比べるとちょっと鈍い感じ。
見た感じ3発モードよか初速が落ちている感じでした。
でもイイッ、面白いよコレッ!!!



べた褒めしてたら、も一回撃たせてれました。
今度はラピットファィアーでっ!!

「バン・バン・バン・バン・バン・バン・バン・バン・バン・バン」

やべぇ!!面白すぎる!!買う!買うー!!絶対買う!!!

雲<「この子もってかえるぅ!!コレ下さい!!」

マ<「発売日まで待ってください」

フライングゲットならず!!やっぱダメですよね。



ふぇぃ氏も試射。こんどは6発バージョンでラピットファィア。
彼曰く、6発のラピットは6発出たり、4発出たり5発だったりと今一安定しなかった模様。
速くコッキングすると給弾が追いつかないんでしょうね。

総評 

いやぁ!!期待を裏切らない一品でしたよ。何よりコッキングが軽くて、連射が効くくってトコが◎。

シェルも既存の物が流用できるってトコも好感持てますね。ベネリのマガジンカスタムが使えそうなので、
そのうちどっかのメーカーが作るんでしょうね!?カスタム多弾マグ。

肝心のホップシステムなんですが、6発時には6個の弾にHOPが掛かるようにダブルホールドパッキンなる物が搭載されているらしい。
惜しいトコなんですがホップは固定だそうです。ココは是非とも可変で作って欲しかった所ですが・・・
イモネジとかで可変にしてくれればと思っては見たものの、マルイさんはイモネジHOP嫌がるのか作らないんですよね。

発射機構に関しては、3発、6発の切り替えが行われるわけですが、発射時のガスの流量は変わらないようでした。
6発発射時には明らかに初速が落ちているような感じなので、この辺も6発バージョンでガスの流量も切り替わればイイなと思いました。
また6発射のラピットファィアーが安定しないのも玉に瑕。でもよほど早くコッキングしない限りはそんなに気にならないかも!?

後はノズルがどうなっているのか?各機関部がどうなっているのか?が個人的に気になるトコです。
ベネリなんかはジャムった時、雑に扱うとローデイングノズルを直ぐに潰してしまうので、
同じ方式をとっているならこの辺はどのように改良されているかが問題です。
もしベネリと同じプラスチック製だと、粗悪弾でラピットすれば破損確実なんで取り扱いには注意が必要ですね。

というわけで、めっちゃ待ち遠しい一品です。多分、今年の夏はコイツの奪い合いになるでしょう。
マルイさん曰く、9月までには出すということです。欲しい人は予約しとかんと買えませんぜ!?

次回は、まだちょいあるよってお話です。