2013年04月12日

レシーライフルを弄る。

ということで、メカボまでばらばらになったレシーライフル。



今回はメカボを解体して、実際パーツを組み込んでいきましょう。



ココのバネのパーツはなくしやすいので油断は禁物。
ネジを外したとたんに亜空間に消え去ってしまいます。
外す時には指で押さえながら外すと良いでしょう。
また、ボルトストップパーツもめっちゃ大切です。
パーツ名はセカンドカットオフストッパー&セカンドカットオフリンクというのですが、
コイツは部品で出ません。
スプリングは万が一無くしてもかろうじて出ますが、
ボルトストップパーツの2点はマルイさんからのパーツ供給がないので、なくしてしまったらアウトです。
壊れたらマルイさんに部品を送らないとパーツを出してくれません。
外したら絶対無くさないように気をつけましょう。



それではご開帳。次世代はスプリングテンションがかかっていないので、メカボを開くのは比較的簡単。
中身もソコソコ汚れていますが、ひど過ぎって感じじゃないみたいですね。



メカボックス内はグリスの海。いっぱい塗ってありますね。
はみ出たグリスが固着してしまって、変色しちゃってます。
こいつは一度お風呂に入れてあげる必要がありますね。



フレームもチェックします。次世代はモーターハウジングのトコにクラックが入るのですが、
今回のは問題ありませんでした。



ピストンとシリンダーはこれでもかってぐらいグリスが塗ってありました。
シリンダーホールからはみ出るほどにね。コレじゃサイクル上げたらピスクラ必死ですな。



ピストンさんも悪戯しておきます。
初速調整がしやすいように、バネははずしておきます。
ヘタってもストックパイプ外して直ぐ調整できるようにね。



写真では一見綺麗に見えるギアも、洗ってみるとカスがいっぱい出てきます。
ブレーキクリーナーでジャブチンしましょう。



いやーいっぱい出ましたね。テッシュの山です。



さーて、パーツさんも綺麗になったので、早速組み込んでいきましょうかね。
今回組み込むパーツさんたち。



バレルなんかびっくりするぐらいのお値段しちゃってますが、イイんですよコレ。
後は配線張り替えて、軸受け交換してと・・・軸受けはハイサイシリーズのメタル軸受けを使います。
コイツの方が具合良いんですよね。次世代に関しては。ただ、入手難易度が高いのが玉に瑕です。



セミの利きが悪くなる前に、セレクターセフティをキャンセルしちゃいます。
使い込まれた次世代のセミの調子が悪い時は、ココ疑ってください。
スイッチの金具の重なるトコがコゲコゲになってますから。



銀コードに張替え。作業自体はサクサク進んでいるように見えますが、実際は長さをミスって、
もう一回張り替えてたりして。まだまだ未熟者ですな。配線できたら後はただ丁寧に組み込むだけ。



作業に集中していた為、画像少なくて申し訳ない。
今回のシム調整は・・・

ベベル ㊤0.5 ㊦0.15
スパー ㊤0.3 ㊦0.15
セクター㊤0.5 ㊦0.15

と、こんな感じで調整しましたが、ほとんど弄る必要は無かったです。
マルイのおばちゃん良い仕事しますなぁ!?一応参考までに。



スプリングガイドも替えときます。オーバーしちゃったら外す方向で・・・



難儀したのがこのチャンバー。前の持ち主が接着したのか、カチカチに固まっていてバラスことが出来ません。
今回の弾道の乱れはこのチャンバーもしくはパッキンにあると思います。
ぶっ壊さないと外れないんで、原因追求はお客さんの了承を得てから。
ヤフオクとは恐ろしいトコですね!?



仕方が無いので新しいの一個おろします。予想外の出費ですね。
カスタムバレルとノーマルパッキンを丁寧に組み込みます。



各部を丁寧に組みなおしたら・・・
無事、完成。



初速の方も・・・



良い数値出てます。サイクルも配線交換の効果が出ていますね。
今回もスプリング交換は行ってません。パワー調整はシリンダー容量の変化とバレルで行っております。
出所のしっかりしたパーツは良いですね。今回も良く出来ました。

その他の不具合としてはリコイルパーツの動きが渋かったのですが、
フレームの内壁に砂が入り込んでいたのが原因で、お掃除したらなおりましたよん!!
よく飛ぶようになってるんで、持ち主さん、可愛がってあげてくださいネ。  

Posted by 雲長。 at 22:30Comments(5)次世代電動ガン M4