2013年04月01日

89式を弄る。 その① 各部のチェック。

今回手を入れるのは自衛隊ご用達の、「89式」。電動ガンで唯一機械式バーストを搭載するモデル。
フレームもメタル製で合成感抜群。現在では非常に入手困難な一品です。噂では5月に再販されるそうですが・・・
再販されたら私も一本欲しい、そんなテッポさんです。



前から。89マニアの方はお気づきでしょうか!?



ハンドガードが社外品に変わってますね。コイツだけで諭吉位したような覚えが・・・
当時高いなって思ってたんですが、今思えば買っておけば良かったですね。



スチールのプレス鉄板にハンドガードを被せるような凝った作りです。
もう絶版なんですよね、コレ。今ではプレミアもんです。オクでは2諭吉近くしちゃったりしますね。
コッソリ純正に替えとこうかしら・・・スイマセン、おいたがすぎるトコでした。



というわけで、今回のカスタム内容なんですが、お客さん曰く飛ばないんだそうです。
購入時にカスタムショップにてカスタムしてもらったそうですが、サバゲで使ってみたら打ち負けるようで・・・
どんなカスタムが施してあるかは謎ですが、とりあえず健康診断してみましょうかね!?



悪くは無いと思いますよ、少々初速とサイクルが遅いですが・・・
お外の実射でも、まあソコソコ飛んでます。
ですが最新鋭の次世代と打ち合えば、この数値なら打ち負けるのは当然。
カスタム品として考えるなら悪いのか!?
とりあえず方向性を決めてもらって、サイクル&飛距離アップしていこうかと思います。
次回はバラして検証していきましょうかね!?  

Posted by 雲長。 at 22:30Comments(1)89式