2013年03月02日

CYMA MP5SD6 修理 その②

ということで、前回のCYMA MP5 SD6のメカボックスを開いていきます。



見た感じ、まんまVer2メカボックスですが・・・
こいつはブローバックユニットがついている為、メカボ上部に切り欠きがあります。



メカボ自体は全てプラスネジで作られています。
このへんはバラす人にやさしい仕様ですね。



それではご開帳!!
なんともいえないファンキーなかほりがしますな。
工業機械に使う油みたいな・・・



グリスも宇宙人の体液と呼ばれている、お馴染みのものが使われています。
それにしても、塗りすぎですよね!?コレ!!!



軽くふき取っただけでもこんだけあります。



今回のブローの原因はコレ。
セクターギアの歯が飛んじゃってますね。
材質は鉄だと思いますが、非常に脆そうな材質です。



軸受けは変わった形の十文字の入った軸受け。
ここがグリス溜まりになるんでしょうね。



イロイロな小物をパーツクリーナーで洗浄していきます。
それにしても、謎の金属の粉やらなんやらいっぱい出てきますね。



ピストンばらしてみました。
シリンダーには、オイル系みたいなグリスとはいいがたい油が塗ってありました。



シリンダーには謎の透明なリングが付いてました。
エンジンでいうピストンリング!?
コイツは必要ないので、ポイしてしまいましょう。

ギア自体は品質、価格も安定のSHS。



ギアはブローバック機能を生かして行きたいので、
ノーマルギア比の18:1のギアを使います。



後はこの部品を丁寧にくみ上げて・・・



完成!!



素直に仕上がりました。
あとは、お外で弾道確認して確認。
問題なければ納品です。

今回のSD6も、非常に整備性が良い銃ですね。
マルイのメカボに換装すればパーフェクトですが、
しっかり整備すれば、十分使える子だと思いますよ。  

Posted by 雲長。 at 23:00Comments(0)MP5