2013年01月09日

ゴールデントンプソン その③

前回からの続き。



メカボの構成は頭の中にあったので、後はそれを形にすれば良いだけです



重量ピストンがバシバシ当たることになるので、
いつものおまじないをやっておきました。
このメカボはVer2ほど脆くはないはずなんですが、
やっておいて損はないでしょう。



メカボックス完成。
ほいじゃコレを本体に組みこんでっと・・・

「バチコン、バチコン」

良い音してます。
初速は…

勿論三桁逝きますわな。
ココまでは想定内の作業でした。

「バレルカットして初速調整して終わりだのん」

と思い、チャンバー周りをばらしたのですが…



「アウターバレル内部がテーパー状になっとる!!」

先にいくにつれて細くなっとります。
根元はガバガバ…先はキツキツ!!
こりゃインナーバレルを何とかして固定してやらにゃ中でバレルが大暴れです。



急遽インナーバレルを固定する為の方法を考えました。
たまたま手持ちの水道管の塩ビパイプがサイズ的にピッタリだったので、
コイツを突っ込んで何とかしようと・・・
ですがまだまだガバガバ。
そんな時は!?



「銅箔テープ!!」

こいつをバレルに巻き付けて、バレルスペーサーを作ります。



良い感じに出来上がりました。



コイツを先ほどの本体と組み合わせて
出来たー!!
とりあえず、試し打ちしてみます。

「あれ!?これってベネリだっけか!?」

弾が2発出ている様な気が…
よおく見てみると!?
しっかり中で当たってるんじゃないですか!?
さすが中華…均一にテーパーになっていると思っていた私が浅はかでした。
これじゃアウターバレルの中にもう一つアウターバレルを作るしかありませんね。



お店を見渡せば、こんな便利な商品在るじゃないですか!?
いつか使うかもって注文していた商品が、結構役に立ったりします。
コイツをアウターの中に突っ込んで、インナーバレルのガイドにします。



勿論そのままでは入りませんので、現物あわせしてカットして仕込みます。



「合体」

ということで、とりあえず完成しました。
お店で試しうちした感じは非常に良好!!
ですが、弾道を見る為に試射に行ったらフルオートでは弾詰まり多発。
どうやら元々ついていたパッキンがよろしくないようですね。
その後マルイ純正パッキンに交換。
そしたら初速がだいぶ下がってしまい、新たにバレルを作り直すことに…
いざ、現場で使おうと思ったらホップが掛からず現地で更なる調整。
一難去って又一難、めっちゃ手間かかりましたが何とか完成しました。
持ち主さん。悪そうなテッポできあがったんで、コレで大暴れしちゃってください!!  

Posted by 雲長。 at 22:12Comments(0)トンプソン