2012年11月07日

ホンモノVSレプリカ ニーパット編。

アークテリクスのニーパット。
最近流行ってますね。私も持ってますよ。



買ったときはレプリカが存在せず、ちょっとスマートでエエンジャナイと思い購入。
ただ届いた時は、こんなふにゃふにゃんで、マンシュウ近くするもんかって思ったんですが・・・
実際使用してみると程よいフィット感。なるほど、流行るわけですな。
最近ジーパンで出撃する時には、欠かせないアイテムとなっとります。

最近、コレを模した製品が発売されたのですが・・・



はてさて、どっちがホンモノでしょうか!?



まあ使い込んで、子汚い方が私の私物の方ですが・・・
私の実物は、クロコダイルカラーというなんとも立派なお名前のついたカラーです。
実際並べてみても、遜色のない作り。
若干、ホンモノの方が丸みを帯びてる感じですね。

裏面の再現度もかなり高く、鱗のような形状まで再現されてます。



止める部分も作りは一緒。



レプリカ買われた方が、なんで、上の紐はゴムなんだけど、
下の紐はナイロンベルトなのって聞かれるんですが、
ホンモノがそういう作りなんでしょうがないですね。



ホンモノはタグがついてます。
謎の生き物、トカゲ?の骸骨のようなモチーフですね。
裏面にはメイドインカナダと書いてあります。



総評なんですが、非常に最限度の高いレプすね、コレ。
ふにゃふにゃ具合も実物に迫る勢い。
きっちりニーパットとしても機能しますし・・・
しいて言えば、色合いなんですが、このニーパットはブラックも在るので、
そちらの色でしたら全く問題ないかと。
肝心のお値段ですが、レプはホンモノの訳4分の一の価格です。

物としてはホンモノの方が良いのは当たり前ですが、価格と性能を考えると・・・
ホンモノがボリすぎているのか、レプが安すぎるのか!?
ホンモノじゃなくても、サバゲで使い倒すならレプでも十分かと。
良い時代になったのか!?
はてさて・・・  

Posted by 雲長。 at 22:08Comments(2)装備品