2012年09月16日

AK・・・すごいストック。

今日は、持ち込まれたAKのメンテナンスです。



初速が低いため、オーバーホールと、トップカバーにリポの電池を入れたいということなので、
それに対する配線の組み換えです。

今回のAK、ストックの加工がすごいです。



古き良き時代のカスタム。
自作のバッテリーボックスですが、加工がすごい。
塗装、下地仕上げに一切の妥協がありません。



見事にスムージングされたボディ。
車の板金系のプロが製作されたのでしょうか!?
すばらしかったのでネタにさせていただきました。

今回の加工は、配線をストック出しからフレーム上に移設するのと、
初速が低いそうなので、メンテを兼ねてオーバーホールです。



中は比較的綺麗ですね。
各部チェックの上、問題ないのでほとんど部品交換はなし。

シリンダーのグリスの粘度が高いのと、Oリングに若干抵抗を感じたので、
Oリングの抵抗の少ないものをチョイス。
グリスも粘度のやわらかい物を、薄く延ばして散布。

そんでもって配線加工。

(お客さんが撮影)

(ストック配線を途中で切断し、)

(こんな感じでAKMSの配線のように組み替えます)


お客さんいわく、トップカバーに小型のリポが入れたいらしいです。
個人的には、このストックの中に大容量リポを入れて、ドラムでも付けて
いかにも悪そうにぶっ放して欲しいトコです。
持ち主の方が、あんまり打たず狙って獲るタイプの方なので今回の加工となりました。

バネのテンションが低かったので、保険の為に0.9Jバネを組み込んでみたのですが・・・
コレが仇となり、初速を量ってみたらかなり元気が良くなってしまいました。
キッチリくみ上げると、性能以上の力が出てしまうときがあります。
ギリのセッティングは、高地とかでオーバーする可能性があります。
私は嫌いなので、もう一度組みなおしですね!!  

Posted by 雲長。 at 22:40Comments(2)電動ガン AK