2012年09月04日

次世代ピストン

高ボルトバッテリーで駆動させた次世代M4。
バラしてみてチェックしてみた所、壊れていたパーツがピストン。

大体ピストンが壊れるか、ギアが逝くかが故障の大半ですが。
では、当時のピストンをジャンクBOXより引き上げてきて検証しましょう。

壊れているのはピストンのラック。
なぁんだ。ただのピスクラかとただ交換するんではなく、
どうしてココが壊れたのか、どうやって壊れたのかを考えながら
原因を探っていくと、スキルアップに繋がりますよ。

私、2回同じところを壊しているんですよ。



ココ。(ケツ前1歯はわざと削ってあります)
前回は、何も考えずにピストン交換しただけでしたが・・・

今回もピストンのラックは、中央部が舐めてしまってます。
通常、ピストンスピードが足らない場合は、ギアの後ろの方を舐めたりするのですが
(予防するためにラックを一枚削ったりするのはこの為です。)
中央部を舐めるなんて不自然ですよね。

分解して実際にピストンを組み、手でピストンを動かしながらイメージします。
どうやらなめている場所は、ストックパイプの中の錘を引き始める箇所でした。
で出た結論。

ピストンの強度不足ではないんでしょうか?
純正状態で遊ぶには何の問題も無いのですが、ハイサイクル等、
負荷を掛けた場合、極度に部品に負担がかかります。
純正ピストンだと強度的に耐えられないんですね。

と、前置きがながくなりましたが、ココでお勧めなのが・・・

『SHSの次世代用ピストン。』

歯が金属でできているため強度は抜群。
その上、お財布にやさしい価格です。

価格相応か?すぐ壊れると良くない噂をきくんですが・・・
少々手を加える必要がありますが、手直ししてあげるとスペシャルパーツに大変身ですよ。

手直しする箇所なんですが・・・このピストン買ったばかりだと
金属歯がただレールに嵌まっているだけで、指で強く押すと外れてしまいます。
これだとピストンの一番裏のプラスチックにスプリングの力が集中する為、
すぐに壊れてしまいます。

対策方法としては、一度ピストンをレールから外してパーツクリーナー等で
脱脂したあと、対衝撃用アロンアルファで固定してあげます。
ハイサイで回す方、サンダーをお持ちの方は、最後から一つ前の歯を
落としておくとなおさらベターですね。


(子汚いですが、かれこれ10万発近くは撃ってますね。ケツも一歯削ってあります。)

私、このピストン使ってハイサイで撃ちまくってますが、
まったく壊れる気配がありません。
大変お勧めですよ。



ピストンは壊れなくなったのですが他の箇所が・・・
次回はその辺りを煮詰めていきましょうか。  

Posted by 雲長。 at 19:17Comments(2)次世代電動ガン M4