2012年09月03日

次世代用自作バッテリー

次世代M4を手に入れて、早速ゲームで使ってみたのですが・・・
普通の電動ガンに比べてうち応えはあるのですが、いかんせんサイクルが遅い。

今みたいにストックインリポバッテリーなどステキなバッテリーが無く、
サイクル上げる選択肢は名古屋の有名ショップさんで、
純正バッテリーをばらし、バッテリーセルを
1セル増やすカスタムぐらいしかありませんでした。

自分もお願いするか迷ったのですが・・・
次世代M4はストックまわりの電気効率が非常に悪いので、
すぐに前出し配線に引きなおしました。
ストックバッテリーがこの機種の売りだったんですが。
こんなんならM4A1買えばよかったです。

泣く泣く前出し配線にしたのですが、あまりスタイルを崩したく無かった為、
PEQ15に入るぐらいの小型バッテリーを探していました。
リポバッテリー使えば問題ないんじゃ!?
(このころ普及しだしたんです。爆発するやらしないやらいわれて。)
非常にコンパクトなリポ。大変優れたバッテリーなのですが・・・問題は電圧。
1セル辺り3.7Vなので、選択肢としては7.4Vもしくは11.1V。
7.4Vではパンチ不足。11.1Vではメカが持ちそうにありません。


(次世代用自作リフェバッテリー)

そこで、ラジコン好きのマニアに相談したところ、
リフェバッテリーなるものがあるそうだ。(今は一般的ですが。)
ラジコンの世界は電動ガンよりはるか先を進んでいます。
1セル辺り3,3Vのリフェバッテリー。
選択肢としては、9.9Vというナイスな電圧です。
当時最先端といわれていたリフェバッテリーをバラセルで購入し、
3セル組み合わせてオリジナルバッテリーを作り撃ってました。

大体、次世代ノーマルのサイクルが秒11発、カスタムバッテリーで13発ぐらいのとき、
私の次世代は16~17発近く出ており、けたたましい音で弾をばらまいていました。
周囲の目を集めた非常に面白いカスタムだったのですが・・
そんな仕様が持つはずも無く、2ヶ月と持たずにぶっ壊れました。

次回は内部パーツ交換編です。
  

Posted by 雲長。 at 19:11Comments(2)次世代電動ガン M4

2012年09月02日

次世代M4。

次世代M4。

今回は、ぶっ壊れたまましばらく放置されていた自分の次世代M4の修理です。
ちょっとはじけたハードなゲームで、調子よく打ちまくっていたところ、
ゲーム中にニャーとなって発射不能。ギア、もしくはピストン系が
お亡くなりになられたかと思います。
早速ばらして修理に取り掛かろうと思いますが、かんたんに基本性能を紹介しましょうか。



原型とどめていませんが、ベースは一応CQBRタンカラーです。
チーム員とかぶらないよう思いっ切りマグプルってみました。

私は基本AK派なので、M4は使う機会が無かったのですが、
半ば友人に無理やり買いにいかされたのですが、実際使ってみるとなかなかどうして・・・
次世代シリーズのその基本性能には驚かされました。

一番ビックリしたのは弾の弾道の伸び。
素直にスーーーと伸びる弾道が大変気に入り、
今ではガチのゲームには外せないメインウエポンの一つになっております。

色々とギミックが多いせいか、あるいは私の扱いが荒いのか・・・
たびたびぐずったように壊れてしまいます。
壊れるたびに色々と強化部品に変えているのですが、
壊る所がなければ、箱出しで全然OKだと思います。

今回、せっかくメカボックスまでバラすので、
次回は実際、自分が組み込んでよかったと思う商品を紹介していこうと思います。
  

Posted by 雲長。 at 19:36Comments(0)次世代電動ガン M4